現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 元MotoGPライダーのバルベラ、カワサキ・プセッティレーシングからWSS参戦。大久保光のチームメイトに

ここから本文です
スポーツ 2018.8.11

元MotoGPライダーのバルベラ、カワサキ・プセッティレーシングからWSS参戦。大久保光のチームメイトに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年までMotoGPクラスに参戦し、2018年途中までMoto2クラスを戦っていたエクトル・バルベラが、スーパースポーツ世界選手権(WSS)に参戦するKawasaki Puccetti Racingとの契約に合意。WSS第10戦ポルトガルラウンド以降のシーズン終盤4戦に参戦することになった。

 WSSのなかでもトップチームのひとつであるカワサキ・プセッティレーシングは今シーズン序盤、所属ライダーであったケナン・ソフォグルが引退。シエリダン・モライスが後任を務めていたが、第10戦以降はバルベラがモライスに代わって参戦、WSSにフル参戦している唯一の日本人ライダーである大久保光のチームメイトとなる。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 バルベラは今シーズン、チームポンスよりMoto2クラスに参戦していた。しかしホームレースのカタルニアGP直前に飲酒運転で逮捕されたことが原因で、チームと合意の上で契約解除。2002年以降ロードレース世界選手権に参戦していたバルベラだが、プロダクションレースクラスへの参戦は初となる。

 バルベラは今回の契約にあたり「再びサーキットに戻ってくることを願っていたから、モチベーションが上がっている」とレース復帰をよろこんだ。

「(チーム代表である)マニュエル(・プセッティ)は僕に大きなチャンスを与えてくれた。いい結果でもって彼に報いたいと思っているよ。勝つために懸命にトレーニングもしている。とても幸せだよ」

 バルベラのWSS初戦は9月14~16日、ポルトガルのアルガルベ・インターナショナル・サーキットで行われる第10戦ポルトガルラウンドとなる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します