現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 『トヨタ・カムリ』にスポーティな新グレード”WS”を追加、ソナーも標準装備化

ここから本文です
スポーツ 2018.8.6

『トヨタ・カムリ』にスポーティな新グレード”WS”を追加、ソナーも標準装備化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタの最新モジュラーシャシー、TNGAを採用して大幅なダイナミクス性能の向上を実現した10代目『トヨタ・カムリ』に一部改良が施され、同時に“カムリ・スポーツ”とうたわれるスポーティな新グレード“WS”が追加設定。8月1日より発売開始となっている。

 北米のベストセラーカーとしてグローバルに展開している『トヨタ・カムリ』は、この10代目モデルからエッジの効いたスポーティかつ大胆なデザインに変身。その走りを予感させる低重心なアピアランスを活かすべく、専用装備として数多くのエクステリアパーツを採用したWSが新設定された。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 エクステリアでは、ボディ同色のブレード状処理が施されたフロントグリルを始め、ブラック塗装の18インチホイールやリヤスポイラー、左側2本出しのマフラーカッターなどスポーティな専用装備を採用。

 さらに足回りでも、応答性の高い操舵フィーリングとフラットな走りを追求したサスペンションチューニングが施されるなど、より一層のパフォーマンスアップが実現した。

 一方のインテリアでは、こちらも走りを予感させる形状の専用シートに、パドルシフト、メタリック処理が施されたインストルメントパネルオーナメントなど、ドライバーのマインドを盛り上げるアイテムが多数採用されている。

 さらにボディカラーにもこのWS専用色としてアティチュードブラックマイカ×ダークブルーマイカメタリックを含む3種類のツートーンカラーを新規設定するなど、Worldwide&Sportyのグレード名にふさわしい仕立てとなっている。

 また、今回の一部改良ではオート電動格納式ドアミラーやインテリジェントクリアランスソナーを、最廉価グレードを除いて標準装備とし、ナビゲーション・オーディオにJBLプレミアムサウンドシステム(9スピーカー)を新規オプションとして設定するなど、さらなる上質化も図られた。

 パワートレーンは全車2.5リッター4気筒ハイブリッドのFFのみとなり、価格は329万8320~434万1600円となっている。
公式サイト:https://toyota.jp/camry/

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します