現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 中上、MotoGPチェコGPは「厳しいウイークになった」。17位フィニッシュでポイント獲得逃す

ここから本文です
スポーツ 2018.8.6

中上、MotoGPチェコGPは「厳しいウイークになった」。17位フィニッシュでポイント獲得逃す

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)はMotoGP第10戦チェコGPを17位で終えた。週末をとおしてコーナーの旋回性に苦しんだ中上。決勝レースでばん回はならず、ポイントを逃す結果になった。

 前週、7月29日に鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦した中上にとって、MotoGP後半戦の幕開けは連戦の形で迎えることになった。加えて鈴鹿8耐で走り込んだスーパーバイクと、MotoGPマシンの乗り換え作業も必要だった。中上はいい流れをつくれないまま、予選を20番手タイムで終える。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 予選後には「バイクに充分なフィーリングを得ることができず、特にコーナー進入とリヤのグリップ感に苦戦している」と語っていた。

 迎えた決勝日は、朝のウオームアップ走行で転倒負傷したポル・エスパルガロ(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)が欠場。中上は19番グリッドからスタートした。

 好スタートを決めて1、2コーナーにかけてポジションを上げていた中上。しかし3コーナー、目の前でマーベリック・ビニャーレス(モビスター・ヤマハ・MotoGP)、ブラッドリー・スミス(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)、ステファン・ブラドル(HRC Honda Team)の3台による多重クラッシュが発生した。

「3コーナーで目の前で転倒が発生したときは、回避する余裕がほとんどありませんでした。ブレーキでなんとか難を逃れ、コース上に残れたのはよかったのですが、大きく順位を落とすことになってしまいました」

 中上はオープニングラップは20番手で終える。そこからは、タイムの伸び悩みに苦しんだ。好感触を得ていたハードコンパウンドのタイヤをフロント、リヤともに選択していたものの、ラップタイムは上位陣から約1秒遅れていた。

「1分57秒台後半のタイムで周回したかったのですが、厳しい状況でした。マッピングや乗り方を変えて工夫したのですが、ねらっていたタイムを出せませんでした。いいバイクに仕上げるよう全力でがんばってくれたチームには結果を持ち帰ることができず、申し訳ない思いです」

 第10戦、第11戦と連戦となるMotoGPは、8月10日から早くもオーストリアGPが始まる。「今週は、総じて厳しいウィークになってしまいました」とチェコGPについて語った中上。月曜(8月6日)に行われる公式テストで、苦戦の理由を解き明かして次戦に挑みたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します