現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【GT500途中経過】カルソニックとMOTULのGT-R同士のトップ争い。ピット作業時間が明暗を分けた前半戦

ここから本文です
スポーツ 2018.8.5

【GT500途中経過】カルソニックとMOTULのGT-R同士のトップ争い。ピット作業時間が明暗を分けた前半戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーGTでは初めての試みとなる富士スピードウェイでの500マイルレース。177周m807kmという長い距離を真夏の8月に走りきるという過酷な戦いが、ついに決勝レースを迎えることになった。レースは半分の89周を過ぎたところで、カルソニック IMPUL GT-Rがトップを奪い、首位を走行している。

 今回のレースはドライバー交代を伴う最低4回のピットインが義務化されている。つまり、4ピット/5スティントが基本戦略となるため、スタートを担当するドライバーが3スティント、2スティント目を担当するドライバーが4スティント目を受け持つのが基本パターンとなる。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 アクシデントやトラブルなどで予選に参加できなかったZENT CERUMO LC500、KEIHIN NSX-GTも決勝日にはマシンを修復して出走可能となり、GT500は全15台がグリッドに並んだ。GT300はZENTのトラブルによる衝突を受けたModulo KENWOOD NSX GT3がマシンの修復が不可能とのことで、今回の出場を取りやめている。

 予選日と合わせて2日連続のフライトとなった、エアロバティックス・パイロット室屋義秀選手によるフライトパフォーマンス、そして静岡県警の白バイとパトカーによるパレードランの後、いよいよレースがスタート。

 スタート時の気温は31度、路面温度は47度で、まだまだ気温路温ともに上昇しそうな気配のなか、GT500は全車クリーンスタート。スタート直後はポールポジションのMOTUL AUTECH GT-R、2番手のフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rのペースがよく、3番手以下を序々に引き離し始める。

 3番手のau TOM’S LC500は前の2台から1周あたりコンマ7~8秒離され、3番手以下がトラフィック状態に。レース6周を終えたところで前日のクラッシュによって年間3基目のエンジンを投入することになってしまったZENT CERUMO LC500が5秒ストップペナルティを受けて、すぐに消化。

 9周目には5番手を走行していたCRAFTSPORTS MOTUL GT-RがGT300とのからみもあったか、コースオフをして7番手に後退。また4番手まで順位を上げていたWedsSport ADVAN LC500も10周を過ぎて7番手まで順位を下げてしまった。路面コンディションにタイヤが合っていないのか、WedsSportはペースが上がらない。

 12周目には1コーナーで他車の接触を受けた14番手RAYBRIG NSX-GTがハーフスピンするも、すぐに体制を立て直しコースに復帰。コース上の各所で順位変動やアクシデントが起こる目まぐるしいファーストスティントとなる。

 18周目にはARTA NSX-GTがWedsSportをパスして7番手に浮上。同じタイミングで5番手まで順位を上げたカルソニック IMPUL GT-Rのペースが速く、4番手KeePer TOM'S LC500とテール・トゥ・ノーズに。

 20周目にはカルソニックがKeePerをパスして4番手に浮上。トップ争いはMOTUL GT-Rが2番手フォーラムエンジニアリングを序々に引き離して20周終了時点で6.2秒のギャップを築く。

 23周目にはペースが落ち始めた2番手フォーラムエンジニアリングを3番手auが捉え、1コーナーでauがインを奪いオーバーテイク。auは2番手に浮上して、トップMOTUL GT-Rとの差は7秒。

 ペースが厳しくなってきたフォーラムエンジニアリングはカルソニックにも捉えられ、27周目に4番手に後退。カルソニックが3番手に上がる。8番手のWedsSportも28周目にDENSO KOBELCO SARD LC500、RAYBRIGにかわされ10番手まで後退。ヨコハマタイヤ勢が厳しい状況になる。RAYBRIGはランキングトップを争うDENSOを最終コーナーからの立ち上がりでかわして8番手にアップ。タイヤが厳しくなったか、WedsSportは29周目にピットイン。

 トップ争いは2番手auが序々にトップとの差を詰め、30周目にはMOTUL GT-Rに3秒差まで接近。翌周には1.8秒差までギャップが縮まったところで、MOTUL GT-Rがたまらずピットイン。auは首位に上がる。フォーラムエンジニアリングも同じタイミングでピットに入っている。

 34周目には3番手カルソニックがピットイン。トップに立ったau関口はここでさらにペースアップして2番手KeePer TOM'S LC500とのギャップが広がっていき、9秒差になる。ここから多くのGT500マシンがピットストップに入り、順位が入り乱れる。
 37周目にトップのauがピットイン。しかし、ピット作業で左リヤタイヤの装着に手間取り、多くのチームが40秒台後半の停止時間のなか59.1秒の時間を費やしてしまい、コースインの際にはMOTUL GT-Rに順位を奪われてしまう。

 全車最初のピットインを終えた39周目の順位は、トップがMOTUL GT-R、2番手にはカルソニック、3番手フォーラムエンジニアリングと、ニッサンGT-Rがトップ3を独占。4番手にau、5番手にKeePer、6番手にARTAという展開で2スティント目に入っている。

 41周目にはトップMOTUL GT-Rの背後にカルソニックがコンマ3秒差に付き、トップ争いが過熱。ここに3番手のフォーラムエンジニアリングも追いつき、GT-R3台によるトップ争いに発展。ニッサンファンの悲鳴が聞こえるような緊張感が漂う。

 しかし、50周を過ぎてから3番手フォーラムエンジニアリングがトップ2台から離され始め、4番手auに追いつかれる展開に。トップ2台、そして3,4番手争いが白熱する。

 56周目のストレートではカルソニックがMOTUL GT-Rのスリップに入り、アウトから並んで1コーナーへ。そのまま2台は並走してコカコーラ・コーナーでインを奪ったカルソニックがトップを奪い、サインガードの星野一義監督が両手を叩いて喜ぶ姿がモニターに映る。

 57周目には8番手走行中のRAYBRIGジェンソン・バトンがダンロップコーナーでのイエローフラッグ2本振動区間でGT300をオーバーテイクしてしまい、10秒のペナルティストップを受けてしまう。

 58周目には3番フォーラムエンジニアリングと4番手auが接近戦。auが何度かストレートでサイドで並びかかるなか、60周目にはau中嶋一貴がフォーラムエンジニアリングのJ-P.デ・オリベイラのインを突いて3番にポジションアップを果たした。

 au中嶋一貴はそのまま64周目に2番手のMOTUL GT-Rを捉え、ストレートでインを奪って2番手に浮上。トップのカルソニックとブリヂストン勢がワンツーを形成する。後方では68周目にKeePer平川亮が4番手のフォーラムエンジニアリングをレクサスコーナーでインを奪ってパス。トップカルソニック、2番手au、3番手MOTUL GT-R、4番手KeePer、5番手フォーラムエンジニアリングと、GT-RとLC500がサンドイッチ状態に。

 69周目には3番手MOTUL GT-Rが2回目のピットイン。フォーラムエンジニアリングも続く。71周目にはトップのカルソニックがピットイン。GT500は2回目のタイヤ交換のピークを迎える。

 74周目にはauがピットイン。しかし、再び右リヤタイヤの脱着に時間が掛かってしまい、1分5秒8の停止時間。コースに戻った時には実質4番手に順位を落とし、その後、77周目に77周目にピットインにしたKeePerが50秒2の素早い作業時間でau、フォーラムエンジニアリングの前の3番手でコースに戻り、2回目のピットインで順位が入り乱れる展開になる。

 その後、79周目にはペースの速いauがKeePerをダンロップコーナーのアウトから並び掛かり、オーバーテイク。auが3番手に上がる。

 83周目での順位はトップのカルソニックと2番手MOTUL GT-Rの差が4.7秒、2番手と3番手auが14.8秒、3番手と4番手KeePerのギャップが0.7秒と、2×2の状態で上位争いが続いている。レースも約半分を終えたところで、GT500はリタイアが0という珍しい展開。GT300は55号車ARTA BMW M6 GT3が2番手を33秒引き離す独走状態になっている。

 レース開始から2時間22分を過ぎてレース距離177周の半分、89周を過ぎて、レースは後半戦へ、ここからは気温路温も下がり、またタイヤ選択が難しい展開を迎えることになる。

■2018スーパーGT第5戦富士 GT500決勝途中結果(103周終了時点)
Pos.No.TeamCarDriverTireWHGap112TEAM IMPULカルソニック IMPUL GT-R佐々木大樹J.マーデンボローBS36kg103Laps236LEXUS TEAM au TOM'Sau TOM'S LC500 中嶋一貴関口雄飛BS30kg0'18.87131LEXUS TEAM KeePer TOM'SKeePer TOM'S LC500平川亮N.キャシディBS58kg 0'28.828417KEIHIN REAL RACINGKEIHIN NSX-GT塚越広大小暮卓史BS50kg0'40.62158AUTOBACS RACING TEAM AGURIARTA NSX-GT野尻智紀伊沢拓也BS48kg0'41.693624KONDO RACINGフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-RJ-P・デ・オリベイラ高星明誠YH14kg0'43.18176LEXUS TEAM LEMANS WAKO'SWAKO'S 4CR LC500大嶋和也F.ローゼンクヴィストBS58kg 1Laps8100TEAM KUNIMITSURAYBRIG NSX-GT山本尚貴J.バトンBS64kg 1Laps938LEXUS TEAM ZENT CERUMOZENT CERUMO LC500立川祐路石浦宏明BS52kg 1Laps1039LEXUS TEAM SARDDENSO KOBELCO SARD LC500H.コバライネン小林可夢偉BS70kg 1Laps1119LEXUS TEAM WedsSport BANDOHWedsSport ADVAN LC500国本雄資山下健太YH26kg1Laps1223NISMOMOTUL AUTECH GT-R松田次生R.クインタレッリMI62kg 1Laps1316TEAM MUGENMOTUL MUGEN NSX-GT武藤英紀中嶋大祐YH16kg2Laps1464Epson Nakajima RacingEpson Modulo NSX-GTB.バゲット松浦孝亮DL6kg2Laps153NDDP RACING with B-MAXCRAFTSPORTS MOTUL GT-R本山哲千代勝正MI18kg3Laps

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • par*****|2018/08/06 18:40

    違反報告

    結果は残念だったけど佐々木君頑張ってましたね。
    MOTULは重いのにポールとか化け物かと思うw
    ピット作業も早いしハンデが無いもてぎではまた優勝かな・・・

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します