現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2017年に生産終了したヤマハのセロー250復活。排ガス規制適合モデルが8月31日発売

ここから本文です
スポーツ 2018.7.31

2017年に生産終了したヤマハのセロー250復活。排ガス規制適合モデルが8月31日発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハ発動機は、2017年に生産を終了したマウンテントレール『SEROW250』を排出ガス規制に適合させ、8月31日より発売することを発表した。

 ヤマハのロングセラーモデル、セロー250は2017年、規制の強化により生産終了が発表され、後継モデルの発売が待たれていた。新たなセロー250は、この第3次排出ガス規制と呼ばれる二輪車平成28年排出ガス規制に対応したモデルだ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 空冷4ストロークSOHC2バルブの単気筒エンジンを搭載し、優れた環境性能と燃費性を実現するフューエルインジェクション、蒸発ガソリンの外気排出を低減するキャニスターを備える。また、新設計であるロングタイプのリヤフェンダー、テールランプにはLEDが採用されている。

 カラーリングは『ホワイト/グリーン』、『ホワイト/オレンジ』、『ホワイト/ブルー』の3色。メーカー希望小売価格は56万4840円(税込み)で、8月31日発売となる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します