現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ミッドオハイオ決勝:ロッシ、唯一の2ストップ戦略で2勝目。佐藤琢磨は1周目に接触され17位|インディカー

ここから本文です
スポーツ 2018.7.30

ミッドオハイオ決勝:ロッシ、唯一の2ストップ戦略で2勝目。佐藤琢磨は1周目に接触され17位|インディカー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インディカー第13戦ミッドオハイオの決勝が行われ、アンドレッティ・オートスポートのアレクサンダー・ロッシが今季2勝目を飾った。


 90周のレースをポールポジションからスタートしたロッシは、力強いスタートからトップをキープ。ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が続いた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 8番手スタートだった佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、スタートでチームメイトのグレアム・レイホール、マックス・チルトン(チップ・ガナッシ)をパス。しかし続く5コーナーでイン側からチルトンに当てられ、痛恨のスピン。17番手まで後退してしまった。これでチルトンにはドライブスルーペナルティが科され、2人のレースが台無しとなった。


 上位陣の中では15周目にライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)、16周目にロバート・ウィケンス(シュミット・ピーターソン)が早めにピットインし、3ストップ戦略を選択。ここで、ウィケンスがハンター-レイを逆転した。

 一方パワー、ジョセフ・ニューガーデン(ペンスキー)、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)などが25周前後でピットイン。ウィケンスやハンター-レイの後方に下がってしまった。

 トップのロッシはさらにピットストップを遅らせ、28周目に最初のピットストップ。多くのマシンが3ストップ戦略を採る中、ロッシは2ストップ戦略を選択した。

 3ストップ勢のトップだったウィケンスは、ロッシに対してピットストップのロスタイムを稼がないといけない状態だったが、周回遅れのマシンを抜くのに手間取ってしまった。

 ロッシは戦略通り、59周を終えた段階でピットインし、ウィケンスの1.5秒後方でコースに復帰した。ウィケンスは65周終わりでピットに入り、トップグループが通常のピット作業を終えた段階でロッシは20秒以上のリードを手にすることになった。

 その後、ロッシは懸命な燃費走行でリードを吐き出しながらもトップを維持。最終的に12.8285秒のリードを保ち、ポール・トゥ・ウィン。唯一の2ストップ戦略を成功させ、今季初優勝を飾った。

 ウィケンスは2位、パワーが3位となった。最後尾スタートから猛追を見せたセバスチャン・ブルデー(デイル・コイン)が6位でフィニッシュした。佐藤は最終的に挽回できず、17位でレースを終えている。

 ポイントリーダーのディクソンは5位。ポイントランキング2位に浮上したロッシとは46ポイント差となった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 David Malsher)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します