現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 10年ぶり復活のホンダファクトリーでの参戦。結果に「悔しさしかない」と高橋巧/鈴鹿8耐2位会見

ここから本文です
スポーツ 2018.7.30

10年ぶり復活のホンダファクトリーでの参戦。結果に「悔しさしかない」と高橋巧/鈴鹿8耐2位会見

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会の決勝レースで2位表彰台を獲得した、Red Bull Honda with 日本郵便(高橋巧、中上貴晶、パトリック・ジェイコブセン組)が会見に登場。ホンダファクトリーとして10年ぶりの鈴鹿8耐を振り返った。

2位/Red Bull Honda with 日本郵便
高橋巧
「天候が安定せずに、スタート前に雨が降ってきたり大変なレースでした。ハイペースで、前との差をつけられずにバトンを渡したかったけれど、今は悔しさしかありません。何を言っていいか分からないほどです」

    出走しない中須賀を「チームだから大丈夫」と励ましたロウズ/ヤマハファクトリー鈴鹿8耐優勝会見

「自分は3時間しか走らず、あとはふたりに任せるレースでした。ふたりには、自分が造った未完成で乗りづらいバイクで頑張ってもらいました。来年も、もし走れるチャンスがあるなら、もっといいマシンを造り、万全の準備をして臨みたいです」

中上貴晶
「3人でベストを尽くしましたが、2位では負けなので、悔しい気持ちの方が強いです。昨年の鈴鹿8耐では自分が転倒したので、今年はリベンジの気持ちもありました。そのなかで3人がベストを尽くせたのはよかったと思います」

「来年もチャンスがあれば、打倒ヤマハで戦いたいです。今年はHRCが10年ぶりに復活し、とてもいいことだと思うので、来年はチャンスを生かしたいです」

パトリック・ジェイコブセン
「難しい一日だった。僕はウエットコンディションでテストをしていなかったから緊張したよ。ましてHRCの復活で、そのなかで戦うライダーとして自分に任せてくれたから」

「本当ならウエットコンディションも好きだし、もっといいパフォーマンスができたと思う。でも、ナーバスになっていたんだ。でも、きちんとチームメイトにマシンを渡せてうれしかった。いいチームメイトに恵まれたよ。もう少し頑張れば優勝できる実力があったと思う。このすばらしい機会を与えてくれたみなさんに感謝している」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nc1*****|2018/07/30 11:30

    違反報告

    一発の速さでカワとヤマに完敗していた。雨の荒れたレースであまり表面化して見えないけれど、そこでしょう。勿論、8時間もあるのだからドライでも何かしら起こっていたかもしれませんが、少なくともお互いノントラブルで勝負だったらホンダには勝ち目の薄いレースでした。
  • rc3*****|2018/07/31 11:08

    違反報告

    ホンダはCBRでは勝てない‼️本気で勝つ気があるなら、ベースマシンを直4ではなくV4にすべき。それこそ、何のためにmotoGPにV4で参戦しているのか?その走る実験室で得たノウハウを市販車にフィードバックし、そしてスーパーバイクで勝てるベースマシンに活かして欲しい。SBKや8耐で勝つ為にも、V4のベースマシン、スーパースポーツの開発を是非やってもらいたいと思います。
  • byx*****|2018/07/30 13:30

    違反報告

    中上はあのマシンでよくやっていたと思う、流石はMotoGPライダーやわ
    PJはまあ仕方ないと思う、いきなりの参入だし
    しかし、高橋はナニ?表彰台での覇気の無いコメントにもガッカリしたわ
    サクライの濱原の方がやるんじゃないの?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します