現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD「パワーユニットとして重要なドライバビリティと冷却はうまく機能している。良いグリッドを狙う」:F1ハンガリーGP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.7.28

ホンダ田辺TD「パワーユニットとして重要なドライバビリティと冷却はうまく機能している。良いグリッドを狙う」:F1ハンガリーGP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ハンガリーGPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=11番手/2=9番手、ブレンドン・ハートレーはフリー走行1=13番手/2=15番手だった。

 ふたりはFP1をソフトタイヤでスタート、2セット目にもソフトを使いながら、マシンセッティングを進め、プログラムを消化。ガスリーは30周を走り1分19秒352、ハートレーは32周のなかで1分19秒841のタイムを記録した。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 FP2はガスリーがミディアム、ハートレーはソフトで走行を開始、それぞれ9周を走った後、ウルトラソフトに交換して予選シミュレーションに入った。この際にガスリーは1分18秒518、ハートレーは1分18秒916で自己ベストタイムをマークした。その後もウルトラソフトでの走行を行った後、ガスリーはセッション終盤にミディアムに交換。ハートレーはソフトでロングランを行った。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
 今日は通常の金曜日と同様に、ロングランも交えながらパワーユニット(PU)/エンジンのセッティングを煮詰めていきました。例年どおり、セッションは高い気温の下で行われ、午前は埃っぽかったトラックが午後には改善していく状況でした。

 FP2終盤では雨雲が近づいてきたものの、最後までドライコンディションのまま、予定どおりにプログラムを終えることができました。

 このサーキットではPUとしてはドライバビティや冷却がカギになりますが、それらは特に問題なく機能しています。パッケージとして手応えを感じ、土日に向けてポジティブな一日でした。
                   
 明日のフリープラクティスでは予選に重点を置いて作業を進めていきます。予選までこの流れを維持し、オーバーテイクが難しいこのサーキットでいいグリッドを獲得できればと思います。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します