現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1ハンガリーGP FP2:ベッテルが初日トップ、僅差の中団争いでガスリーは9番手タイム

ここから本文です
スポーツ 2018.7.27

F1ハンガリーGP FP2:ベッテルが初日トップ、僅差の中団争いでガスリーは9番手タイム

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第12戦ハンガリーGP金曜のフリー走行2回目は、セバスチャン・ベッテルがトップタイムをマークした。 

 午後3時からのFP2は、気温30℃、路面温度49℃の暑さの中で始まった。FP1で走行中に止まってしまったニコ・ヒュルケンベルグはPU(パワーユニット/エンジン)由来のトラブルのようだが、原因を特定する時間がないため全交換となりそうだ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 同じルノーのPUトラブルで前戦ドイツGPをリタイアしたレッドブルのダニエル・リカルドは、今週末はモナコGPを制した際のスペックAのPUに積み替えたため、ペナルティを受けずに済んでいる。

 パワー感度の低いサーキットのおかげもあって、レッドブル勢は午後のセッションも好調。30分を過ぎた時点でマックス・フェルスタッペンが1分17秒509でトップ。

 リカルドも少々くたびれたパワーユニットにもかかわらず、チームメイトからコンマ38秒差の4番手。メルセデスのルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスが間に割って入っている。

 開始後40分過ぎには、ようやくヒュルケンベルグがコースに復帰した。その後ほぼ全車がウルトラソフトに履き替えると、ベッテルが1分16秒834でトップに。0.074秒の僅差で2番手フェルスタッペン、0.2秒遅れて3番手リカルド、さらに0.1秒差で4番手ライコネンが続く。5番手ハミルトン、6番手ボッタスのメルセデス勢は、0.7~1秒と、大きく離されている。

 終盤には上空に黒雲が出始め、路面温度が38℃まで一気に10℃以上も低下した。しかし降雨はないまま、セッション終了。マーカス・エリクソンやストフェル・バンドーンのスピンはあったものの、それ以外にクラッシュやトラブルもなく、各車ほぼ順調に周回を重ねた。

 中団勢トップは、ロマン・グロージャンの7番手、0.4秒差でカルロス・サインツJr.が続き、ウルトラソフトで大きく自己ベストを更新したピエール・ガスリーが0.023秒差で9番手に付けた。ブレンドン・ハートレーはチームメイトにコンマ4秒及ばず、15番手だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します