現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サインツJr.、ホッケンハイムでのインシデントとペナルティを説明。周回遅れのマシンの扱い方にも言及

ここから本文です
スポーツ 2018.7.27

サインツJr.、ホッケンハイムでのインシデントとペナルティを説明。周回遅れのマシンの扱い方にも言及

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーのカルロス・サインツJr.は、前戦ドイツGPの決勝レース終盤のインシデントについて説明し、非常におかしな状況だったと話した。

 サインツJr.は10位でドイツGPのチェッカーを受けたものの、SC(セーフティカー)出動中の56周目にターン6でマーカス・エリクソン(ザウバー)を追い抜いたとして10秒のタイムペナルティを科された。そのため11位でレースを終えたブレンドン・ハートレー(トロロッソ)が10位に繰り上がりポイントを獲得。サインツJr.の最終結果は12位となった。

    ハンガリーGPフリー走行1回目:レッドブル好調、リカルドがトップタイム。ガスリー11番手

 この件についてmotorsport.comが尋ねたところ、サインツJr.はこう話した。

「注目すべきインシデントだ。とてもおかしな状況だった」

「ピットストップを行ってインターミディエイトタイヤに履き替えた後、僕は周回遅れになった。そうしたらすぐにSCが僕らに対して、アンラップする(セーフティカーを追い抜いて同一周回に戻る)ようにと伝えてきた。僕は誰が周回遅れだったのか、誰がアンラップしなければならなかったのかなど、本当に分からなかった」

「かなり多くのマシンがスピードを落としていた。僕はアンラップすることが許されていたので、可能な限り早く(同一周回の)隊列に戻るためにプッシュしようと決めた」

「僕よりも後にそれを伝えられたドライバーもいたと思う。彼らはプッシュしていなくて、電気を溜めていた。特にザウバーはそうだった」

「僕は、彼が問題を抱えているけれど隊列の後方には下がりたくないのだと思った。彼はプッシュしていなかったので、僕は個人的な判断で彼をパスした」

「彼にポジションを戻すように伝えられたので、その通りにポジションを戻した。でも彼はもう一度ブレーキを踏んで、僕を前に出した。それが意図的なのかそうでないのか、分からなかった」

 この時ドライタイヤを履いていたエリクソンは、自身は全開で走っており、なぜサインツJr.がオーバーテイクしたのかわからなかったという。サインツJr.に追い抜かれたことについて聞かれたエリクソンは、次のように話した。

「僕はバックストレートを全開で走っていたし、彼が何をしているのか知らなかった」

「ターン2やターン6のあたりでは路面が少し濡れていたので、110%のパワーで走り抜けることはできなかった。あのとき誰がスリックタイヤを履いているのか分からなかった」

「でもストレートでは全開で走ることができた。彼はスリップストリームを利用して、ターン6で僕を追い抜いていった」

 SC出動時、サインツJr.は同一周回に戻るためにSCを追い抜くよう指示を受けた12人のドライバーのうちのひとりだった。

彼は、隊列の最後尾について同一周回に戻るために対象のドライバーにフラッグを振れば、より状況が判りやすくなると考えている。

 彼は、周回遅れのドライバーにフラッグを振り、そのまま隊列の後ろに下がらせた方が状況が判りやすいと考えている。

「隊列の後ろからSCを追い越して丸1周を走るのではなく、単純に隊列の後ろに下がる方が簡単じゃないかと疑問に思う」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Edd Straw)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します