現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル、リカルドにPU全エレメントを提供しなかったルノーに不満「全部換えるのが普通の戦略」|F1ドイツGP

ここから本文です
スポーツ 2018.7.25

レッドブル、リカルドにPU全エレメントを提供しなかったルノーに不満「全部換えるのが普通の戦略」|F1ドイツGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルは、ドイツGPでダニエル・リカルドのパワーユニット全エレメントを新品に交換することを避けたルノーの決定に不満を抱えている。

 レッドブルのダニエル・リカルドは、ドイツGPでMGU-K、ES(エナジーストア)、CE(コントロール・エレクトロニクス)を投入。いずれも3基目だったため、彼は20グリッド降格のペナルティを受け、決勝レースをグリッド最後尾からスタートした。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 リカルドは、ICE(エンジン)、MGU-H、TC(ターボチャージャー)も既に年間使用制限の上限に当たる3基目を使っており、次のエレメントを投入することとなれば、当然ペナルティを受ける対象となる。

 これを避けるために、既にグリッド降格が決まっている今回のグランプリで、4基目の当該エレメントを投入し、今後に向けて使用可能なエレメントをプールしておくという戦略を採ることもできた。しかしながらルノーはこれを許さず、リカルドは従来のICE、TC、MGU-Hを使ってドイツGPを走った。

 これら3つのエレメントを投入できなかった理由、それはルノーが戦前に、リカルドに当該エレメントを提供しないと決めていたためだったという。これについてレッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、レース前に次のように語っていた。

「それはルノーに対しての疑問だ。可能な限りすべてを変えるのが、通常の戦略のはずだ」

 結局リカルドは、決勝レースをパワーユニットのトラブルによりリタイアすることとなった。現時点では、6つのエレメントのうちどの部分のトラブルだったのかは明らかになっていない。しかしいずれにしても、修復できない部分の故障であった場合には、次戦でも再びペナルティを受けることとなる。

 長きにわたって共に戦ってきたレッドブルとルノーだが、時折舌戦のような展開となった。そして今季限りで両者は袂を分かち、レッドブルは来季からホンダ製PUを使い、ルノーは自社のワークスチームにより注力していくこととなっている。そのため今回の一件は、両者の関係が解消直前にも関わらず、悪化の一途をたどっている証なのではないかとの疑念すらある。

「まず第一に、何が起きたのかを理解する必要がある」

 ルノーのF1責任者であるシリル・アビテブールは、motorsport.comに対して次のように語った。

「当時、ICEを交換する理由はなかった。いつでも同じことだが、レース後に考えれば、違うシナリオがあったかもしれないと考えることもできる」

「しかし、(交換するかしないかを)決断しなければならなかった当時の情報では、交換すべき理由はなかった。エンジントラブルは、いつでも発生する可能性がある。新しいエンジンであっても、残念ながらそれは起きる可能性があるのだ。過去にも起きたようにね」

「とにかく、結論を出す前に、何が起きたのかを知る必要がある」

 またアビテブールは、リカルドに新しいエレメントを与えないと決断したのは、供給能力に問題があるからだという噂を否定した。

「今回の件は、供給能力の問題ではない。我々は今、スペックCの開発に焦点を当てている。つまり、ふたつのスペックのちょうど中間にあるのだ。だから、スペックCが登場するのを待って、それを試した方が良かった」

「その時のエンジンとそれ以前のエンジンの走行距離を考えれば、スペックCが登場するまでをカバーできるマイレージが十分に残っていた。そしてスペックCを加えれば、今シーズン残りのレースを走りきれるはずだった」

「現在の状況では、この回答は完全に不適切なように聞こえるだろうがね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します