現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンF1、前戦から続くバンドーン車の問題を解決できず「大差の最下位」に。アロンソも懸念示す

ここから本文です
スポーツ 2018.7.22

マクラーレンF1、前戦から続くバンドーン車の問題を解決できず「大差の最下位」に。アロンソも懸念示す

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ドイツGPで、マクラーレンのストフェル・バンドーンはマシンの問題を解決することができないまま予選を迎え、最下位20番手に沈んだ。

 バンドーンは前戦イギリスGPからマシンのハンドリングの問題に苦しんでおり、「マシンがまともに走れない状態」「正常な状態ではない」と繰り返し訴えている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 予選を終えたバンドーンは、チームはあらゆる手を尽くして問題解決にあたっているが、良い兆しが見えないとして、「大差で最下位」のセッションが続くことに苛立ちを募らせている。

「シルバーストンと状況は同じだ。前回は大差で後方に沈んだが、今日も同じ結果になった。今週末もずっと状況が変わらない。問題を解決するためにたくさんのパーツを換えたりしたにもかかわらず、まだ解決法が見つからない。フラストレーションが溜まるよ」

「僕が走り方を忘れたわけじゃない。僕とフェルナンド(・アロンソ)はほぼ同じ仕様のマシンで走っているのに、僕の方にはデータ上、問題が見つかっている。チームは解決するためにパーツを交換したりなど、本当に努力してくれている。それでもあまり改善が見られない。チームは何か他にできることを探すため、いろいろな選択肢を探っている。今はとにかく、この問題を解決する方法を見つけることが何よりも重要だ」

「明日、僕には失うものがない。ここからひたすら順位を上げていくことを目指すのみだ。多少なりともパフォーマンスを向上させられることを願っている」

 チームメイトのアロンソのマシンには同じ問題は出ておらず、ドイツ予選では11番手を獲得した。彼によるとバンドーンのマシンは何らかの原因でダウンフォースが少ない状態であるという。アロンソは、早急に問題を解決することをチームに求めている。

「彼はやれることをやっている。でもこの2戦、彼のマシンはパフォーマンス上の問題を抱えているんだ。データ上、ダウンフォースが少ないことがはっきりと表れている」とアロンソが語ったとAFPが伝えた。

「すでにパーツを換えたりということはしているが、さらに細かい調査を行う必要がある。チームがいい戦いをするためには、2台揃ってポイント圏近くにつけることが重要だからね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します