現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが今季2度目のPP|スーパー耐久第4戦オートポリス予選

ここから本文です
スポーツ 2018.7.14

スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが今季2度目のPP|スーパー耐久第4戦オートポリス予選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大分県のオートポリスで2018 ピレリ スーパー耐久シリーズ第4戦「TKUスーパー耐久レースinオートポリス」が開幕。注目の公式予選はST-Xクラスの#24 スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが今季2度目の総合ポールポジションを獲得した。

 第3戦の富士24時間レースから1カ月を経て、今年のスーパー耐久もいよいよシーズン後半に突入。今回のオートポリスラウンドは全7クラスで50台がエントリー。決勝レースはグループ分けを行わず、全車混走の5時間耐久レースで争われる。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 この日のオートポリスは、午後になると気温30度、路面温度40度まで上昇し、灼熱のコンディションの中で予選がスタートした。

 最高峰のST-Xクラスは、前回の富士24時間レースを欠場した#24 スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが速さをみせ、まずAドライバー予選では内田優大が1分49秒717をマークし、2番手の#777 D’station Porsche(星野敏)に対し0.541秒の大差をつけた。

 プラチナドライバーが揃うBドライバー予選ではアウディ勢が常に顔を連ね、今回は#83 Phoenix Racing Asia R8からエントリーしている川端伸太郎が1分47秒851でトップタイムをマーク。同じく#81 J-Fly Racing R8にスイッチしたアンドレ・クートが2番手につけた。

 #24 スリーボンド日産自動車大学校GT-Rは藤井誠暢がアタックを担当。1分49秒019でBドライバー予選では5番手タイムだったが、合計タイムでライバルに競り勝ち、今季2度目のポールポジションを獲得した。2番手には#3 ENDLESS GT-R、3番手には#83 Phoenix Racing Asia R8が続いた。

 またST-Xクラスの#244 MAX Racing RCFはAドライバーのGoMaxがクラッシュを喫してしまいフロントを大破。ドライバーに大きな怪我はなかったが、マシン修復を考えると明日の決勝出走が難しい状況となっている。

 ST-TCRクラスは#98 FLORAL CIVIC TCRが今季2度目のポールポジションを獲得。ST-1クラスは1台のみエントリーのエントリーで#47 D’station Porsche Cupが3戦連続クラスポール、ST-2クラスは#6 新菱オート☆DIXELエボXが今季2度目のポールポジションを飾った。

 ST-3クラスは#14 岡部自動車MBTネットワークス T-MAN Z34が今季初のクラスポールポジション、ST-4クラスは#86 TOM’S SPIRIT 86、ST-5クラスは#2 TEAM 221ロードスターがクラストップとなった。

 決勝レースは7月15日(日)11時35分にスタートが切られる予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します