現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:Mスポーツ・フォード、タイトル防衛へリヤウイング改良。フィンランド戦での投入目指す

ここから本文です
スポーツ 2018.7.13

WRC:Mスポーツ・フォード、タイトル防衛へリヤウイング改良。フィンランド戦での投入目指す

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WRC世界ラリー選手権に参戦しているMスポーツ・フォードは、7月26~29日に行われる第8戦フィンランドでの実戦投入を目指し、フォード・フィエスタWRCの改良に取り組んでいるようだ。WRC公式サイト『WRC.com』などが報じている。

 シリーズ5連覇中の王者セバスチャン・オジエ擁する2017年チャンピオンのMスポーツ。2018年はそのオジエがすでに3勝を上げているが、ポイントの取りこぼしも多く、ドライバーズランキングでオジエはトップのティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)と27点差の2番手にとどまっている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 またMスポーツはチームランキングでトップのヒュンダイと28点差の2番手につけている。

 ダブルタイトル防衛に向けて、チームはマシンのスタビリティとグリップ改善に注力。なかでもリヤウイングに大幅なアップデートが加えられる見込みだ。

 改良型リヤウイングを含む新コンポーネントは、7月9~13日に行われているフィンランド事前テストでオジエやチームメイトのエルフィン・エバンス、テーム・スニネンによって検証作業が進められているとのこと。

 チームの指揮を執るマルコム・ウイルソン代表は、イギリスのモータースポーツサイト、AUTOSPORT.comに対し「(ラリー)フィンランドに新たなパーツを持ち込む方針で、明確な改善がみられるはずだ」と述べている。

「(新パーツは)ひと目見て違いが分かるくらい大きく違うものだ。リヤウイングは(アメリカ・ノースカロライナ州)シャーロットの風洞施設を使って製作されている。彼らは懸命に作業をしてくれているよ」

 ただし、WRC.comによれば各コンポーネントは開発・検証段階を脱しておらず、ラリー・フィンランドで実戦投入されるかは不透明とのこと。大会間際まで判断が引き伸ばされる可能性もありそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します