現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ、イギリスGPのFP3で起きたハートレーの”奇妙な”クラッシュの原因調査を継続

ここから本文です
スポーツ 2018.7.11

トロロッソ、イギリスGPのFP3で起きたハートレーの”奇妙な”クラッシュの原因調査を継続

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソはイギリスGPのフリー走行3回目(FP3)に、ブレンドン・ハートレーが大クラッシュを喫した件について、原因となったフロントサスペンション破損の調査を継続している。


 FP3でハートレーがブレーキングした際、左フロントサスペンションがねじ切れるように破損。コントロール不能に陥ったハートレーは、高速でタイヤバリアに衝突してしまった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 チームはイギリスGPに、新しい仕様のサスペンションパーツを導入しているが、クラッシュの際に破損したコンポーネントとは直接関係がないという。


 しかし予防措置として、チームメイトのピエール・ガスリーは予選とレースに向けて、完全に旧仕様のサスペンションを使用し、問題は発生しなかった。ハートレーのマシンにも旧仕様のサスペンションが取り付けられたが、スペアモノコックからマシンを組み上げていった際にパワーユニット側のコネクタが緩んでいたことが原因で、わずか1周でレースを終えた。

「我々が問題を抱えていたコンポーネントは、新しい仕様のものではなかった」と、トロロッソのテクニカルディレクターであるジェームス・キーはmotorsport.comに語った。

「たとえ発生したトラブルと関連していなかったとしても、予防策として旧仕様のサスペンションに戻した」

「そうした理由は完全に予防策だったからであり、トラブルに関連していないように見えたとしても、不確かなものを取り除こうとしたんだ」

 キーは、今回のサスペンショントラブルはチームにとって驚きだったと話した。

「それはまだ調査の途中だし、理解をしている最中だ。我々はこれまで全く問題なかったし、あのような性質のトラブルは起きたことがない。今季これまで、問題なく9レースを戦ってきたんだ」

「確かに、オーストリアではトラックロッドがダメージを受けていたが、ほとんどのマシンも同じくダメージを受けていた。縁石の中のひとつが、とりわけひどい打撃になっていた」

「今回のようなことは、全く起きていない。フロントサスペンションに加わった全ての負荷は、設計の範囲内だった。そのコーナーを前日も走っていたが問題はなかったし、ビッグブレーキングがあるカナダや、バーレーンでも問題なかったんだ」

「そのパーツは点検もされていたし、品質管理もされていた。耐久テストもされていて、全てが問題なかったはずだ。だから突然、これまで完全に大丈夫だと思っていたパーツに問題を抱えたことは奇妙だ。何らかのダメージがあったかどうかを確認する必要がある」

 チームは、クラッシュ後に回収されたパーツの破片を調査しているという。

「破片はファクトリーに送られた。全てを隔離して保管している。それらは全て科学検査を受け、ダメージに影響を与えたもの、破損した可能性があるもの、トラブルが発生した手がかりを探す。我々は、可能性のある結果に対して、様々な選択肢を持っている」

「ピエールは何の問題もなく52周のレースを走ったので、今回限りのトラブルのように感じている。しかし、そのような憶測で行動するわけにはいかないし、トラブルが起こった条件については理解する必要がある」

「ブレンドンは非常に不幸だった。間違いなく、彼にはどうすることもできない問題だったが、彼の週末全体に悪影響を与えた。だが、彼は無事だった。それが一番重要だ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します