現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノーF1、アロンソ獲得に関心も「複数年契約であることが前提」

ここから本文です
スポーツ 2018.7.11

ルノーF1、アロンソ獲得に関心も「複数年契約であることが前提」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノー・スポール・レーシングのマネージングディレクター、シリル・アビテブールが、2019年にフェルナンド・アロンソを起用する可能性について、複数年契約であればあり得るとコメントした。

 アロンソが2019年もマクラーレンに残留するのか、F1にとどまるのかどうかは、まだ明らかになっていない。今年でF1から引退するとの見方が強まってきているが、本人はまだ何も決めていないと繰り返し述べている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 そんななかでルノー移籍のうわさも持ち上がっている。2016年からワークス活動を再開しているルノーは着実に向上しており、ルノーのCEOカルロス・ゴーンは、2020年までに優勝したいと最近コメントした。

 アロンソとの契約の可能性について、アビテブールは否定しない一方で、ルノーとしては長期的にチームに貢献するドライバーを求めているとして、来季1年のみの契約ならあり得ないと断言した。

「そのうわさを加速させる気はない」とアビテブールはMARCAに語った。
「フェルナンドがまずどうしたいのかを自分で決める必要がある。F1で走り続けたいのかどうなのかについての決断だ」

「フェルナンドには大きな敬意を抱いている。だが我々が関心を持っているのは、このチームで長期的に走りたいという気持ちを持っているドライバーだ」

「アロンソと合意に達する可能性はある。だが、1年契約では意味がない」
 ルノーは現在、ニコ・ヒュルケンベルグとカルロス・サインツJr.を走らせている。サインツはレッドブルからレンタルする形となっており、レッドブルはダニエル・リカルドとの来季以降の契約延長を果たせない場合には、サインツを呼び戻す可能性もある。

 アビテブールは、他にもドライバー候補がいることから、2019年のラインアップ決定は急がないと述べている。

「急いではいない。(レッドブルの)エンジン決定の副次的影響を見守る必要もある。何人かのドライバーが我々のもとで走りたがっている。現在のドライバーたちはいい仕事をしており、我々としては彼らを残したいと思っている」

「だが、我々はいいマシンを作り、チームとして進歩したい。そのために必要な行動をとらなければならない。そしてこのチームに加入したいというドライバーたちは大勢いる。そういう面で焦る必要はないのだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pla*****|2018/07/12 10:13

    違反報告

    今さらこんな疫病神引っ張りこんでも仕方ない!止めておいた方が良い!今のラインナップの方が絶対良いと思う!
  • sao*****|2018/07/12 11:37

    違反報告

    ドライバーとしての腕前は、いまだトップクラス!
    それだけに期待していたマクラーレンが、ああいう結果だと文句も言いたくはなるわなw
    ま、すげぇー言い過ぎだけどwww
    現状だけで比較すると、マクラーレンよりルノーの方がいいだろうね!
    多分、中団グループのトップを走れるでしょう。
    マクラーレンでの今シーズンの結果見ればね!


愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します