現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD「難しい状況でQ2に進出したガスリーは見事。いいレースができるよう、準備に集中する」:F1イギリスGP土曜

ここから本文です
スポーツ 2018.7.8

ホンダ田辺TD「難しい状況でQ2に進出したガスリーは見事。いいレースができるよう、準備に集中する」:F1イギリスGP土曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1イギリスGPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは14番手、ブレンドン・ハートレーはFP3でトラブルが発生したため予選に出走できなかった。

 FP3でハートレーはアウトラップで左フロントサスペンションが破損、コースオフしてバリアに衝突した。幸いハートレーにけがはなかった。チームはトラブル原因を探り、ガスリー車のチェックも行ったため、ガスリーもFP3はほとんど走れずに終わった。

    F1イギリスGP予選:母国GPのハミルトンがポールを獲得、僅差でフェラーリ勢が続く

 ハートレー車の修復は予選に間に合わず、ハートレーは予選出走を断念。ガスリーに関しては、サスペンションを交換して予選に出場した。

 ガスリーはQ1では3回アタックを行い、1分28秒399で15番手となりQ1を突破。Q2では最初のアタックは中古のソフトタイヤで行った後、2回目に新品ソフトで1分28秒343を記録し14番手となり、Q2で予選を終えた。

 ハートレーはメディカルチェックをパスし、身体的に走行可能な状態であると認められた。予選不出場だが、スチュワードから、フリープラクティスでのタイムを考慮して決勝に出場することが認められた。サバイバルセルの交換が必要になったため、再車検を受けた後、ピットレーンからスタートする。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
 まず、あのようなハイスピードクラッシュにもかかわらずブレンドンが無事だったことに心からほっとしました。

 ピエールは、フリー走行で十分に走ることができなかったにもかかわらず、予選Q2進出を果たし、いい仕事をしてくれたと思います。

 また、チームも予選Q1に間に合わせるために短時間でサスペンションの交換作業を完了させるという素晴らしい仕事をしました。

 チームとしてはここまで難しい週末になっていますが、ここからは明日の決勝でのパフォーマンスにフォーカスしていきます。 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します