現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ「空力アップグレードを導入、必要なデータをすべて集めた。予選に向けマシンを最適化する」:F1イギリスGP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.7.7

トロロッソ「空力アップグレードを導入、必要なデータをすべて集めた。予選に向けマシンを最適化する」:F1イギリスGP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1イギリスGPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=12番手/2=13番手、ブレンドン・ハートレーはフリー走行1=19番手/2=18番手だった。

 FP2でガスリーはパワーユニットにトラブルが発生したため、コース脇にマシンをとめた。ホンダによると、このPUは、走行距離も長くなっていた前仕様の金曜走行用であり、チームは当初の予定どおり、土曜に向けて予選・レース用のPUに交換するということだ。

    ガスリー「空力アップデートが機能せず、どんどん後退していく。PUトラブルも痛い」:トロロッソ・ホンダ F1イギリスGP金曜

 この日のガスリーのベストタイムは1分29秒831、ハートレーのベストタイムは1分30秒404だった。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
チーフレースエンジニア ジョナサン・エドルズ
 パフォーマンス向上を続けていくため、シルバーストンにさらに空力アップグレードを持ち込んだ。ピエールのマシンには両セッションともに、ブレンドンのマシンにはFP2のみ、これを装着した。

 FP1では、大半の時間を空力のテストに使い、ピエールはエアロレイクを付けてスタートした。さまざまな項目をテストする計画で走り、必要なデータをすべて集めることができた。また、もうひとつの課題であるマシンバランス向上を目指して、メカニカルセットアップも進めた。

 FP2では普段のフリー走行に近いプログラムを行い、ショートランから始めてロングランでのシミュレーションへ移行した。路面温度が午前に比べて10度以上も上がったので、両マシンともにバランスに明らかな変化が出た。それを再度整えるために、セッションの序盤にミディアムタイヤでの走行も行った。

 残念ながらピエールのPUに問題が発生し、ソフトタイヤでのショートランを終えることができず、予定していたロングランを行うこともできなかった。 
   
 予選、レースともに今日のFP2と似たようなコンディションになると見込まれるので、この気温に合わせてマシンを最適化し直し、より快適に走れるようなマシンをドライバーたちに提供するため、作業を進めていく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します