現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 横浜ゴム、トヨタ・ハイラックスでアジアクロスカントリーラリーに参戦する塙郁夫をサポート

ここから本文です
スポーツ 2018.7.6

横浜ゴム、トヨタ・ハイラックスでアジアクロスカントリーラリーに参戦する塙郁夫をサポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月6日、横浜ゴムは8月12日(日)からスタートするアジア最大のクロスカントリーラリー、AXCRアジアクロスカントリーラリーに参戦する塙郁夫をサポートし、同社のマッドテレーンタイヤ『ジオランダー(GEOLANDAR)M/T G003』を供給すると発表した。

 1996年に発足したAXCRはFIA国際自動車連盟の公認レースのひとつで、年始に行われるダカール・ラリーと同格式の国際大会として、毎年8月にアジア地域で開催されているクロスカントリーラリーだ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 横浜ゴムはアジア各国の山岳地帯やジャングル、海岸、プランテーション、サーキットなどを舞台とするこのイベントに2001年から11年間に渡って協賛したほか、同社のSUV用タイヤ『ジオランダー』装着車が2011年と2012年に総合2位表彰台を獲得している。

 AXCRの2018年大会は8月12日にタイ・パタヤをスタートし、8月18日にカンボジアのプノンペンでフィニッシュを迎える予定。その走行距離は約2200kmにのぼる。

 そんな今年度の大会に横浜ゴムのサポート受けて参戦することとなった塙は、日本四輪駆動車協会(JFWDA)が主催するオフロードレース、JFWDAチャンピオンシップレースで10年連続チャンピオンに輝いた日本を代表するオフロードレーサーだ。国際大会ではメキシコのバハ1000で1991年に日本人初完走を果たし、2002年にはクラス優勝を達成している。

 塙と横浜ゴムはこれまでもさまざまなオフロードレースに参戦しており、今年4月にはグアム島で行われたAPLスモーキングホイールに出場して、ジオランダーM/T G003装着車で総合優勝を飾った。

 8月12日から始まるAXCRではTEAM GEOLANDARからT1-Gクラスに参戦する塙は、コドライバーの染宮弘和とともにジオランダーM/T G003を装着した『トヨタ・ハイラックスREVO』を駆り、過酷なクロスカントリーラリーに挑んでいく。

■TEAM GEOLANDAR、AXCR参戦概要
参戦クラス:T1-Gクラス
ドライバー:塙郁夫
コドライバー:染宮弘和
参戦車両:トヨタ・ハイラックスREVO
タイヤ:GEOLANDAR M/T G003
タイヤサイズ:LT265/70R17 121/118Q

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します