現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル「ドライバー間のインシデントに監視は不要」と”レースをさせない”ペナルティに反対。今後のレースへの懸念も

ここから本文です
スポーツ 2018.7.6

ベッテル「ドライバー間のインシデントに監視は不要」と”レースをさせない”ペナルティに反対。今後のレースへの懸念も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、インシデントの審議や、ドライバーへ科されるペナルティの数などを振り返り、”F1ドライバーはレースをすることを許されていない”と感じたと語った。

 先週末のオーストリアGPでは、ベッテルは予選Q2でカルロス・サインツJr.(ルノー)の走行を妨害したとして、3グリッド降格ペナルティを受けた。しかしサインツJr.自身はQ3へと進出しており、ベッテルの妨害はサインツJr.の予選結果に影響は与えていなかった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ベッテルは、ドライバー間のインシデントに関するこのレベルの監視は”必要ない”と感じているという。

「僕はこのようなペナルティのファンではないと言っているし、これは僕たちドライバーの責任だとも過去に話している。僕らは金曜日の午後に(ドライバーズブリーフィングの)席について、その決断や一貫性について不満を伝えている」

「モータースポーツは白黒の区別がはっきりしていない。だからあらゆる決定が同じものにならないことがある。毎回何かを決める必要はないと思うけれど、このスポーツはこういうところに行き着いた」

「あらゆるインシデントが調査され、いわゆる”レーシングインシデント”と呼ばれる。これ以上、こういうことが起こる状況は許されるべきではない」

「膨大な量のルールブックをやめよう。これの見出しには”我々がレースをすることは許されない”と書いてあるのだろうと、時々感じるんだ」

 またベッテルは、シーズン中は今後も誰かがスチュワードのアプローチによって影響を受けることは避けられないと話した。

「(オーストリアでの)あの状況下では誰も損をしていないし、カルロスも問題なかったと話していた。彼は完全に状況を理解し、とても落ち着いていた。でも結局僕はペナルティを科された」

「僕としては、1日を台無しにされた。今シーズン中に他にも誰かがそういう思いをすることになるだろう。でもそういったものは全て必要ないと思う」

「正気を失うとか、何かクレイジーなことをするとか、そういうことじゃない。限界までプッシュしようとしたら、ミスをするかもしれないということだ」

「どのサーキットへ行っても物事が審議されるという傾向がある。僕はその言葉が好きじゃないんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Glenn Freeman)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します