現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1、第二のホームレース、イギリスGPへ「厳しい戦いが続いたが、ここではいいレースをしたい」

ここから本文です
スポーツ 2018.7.6

ホンダF1、第二のホームレース、イギリスGPへ「厳しい戦いが続いたが、ここではいいレースをしたい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1第10戦イギリスGPはホンダにとってホームレースといえるグランプリであり、3連戦の最後をいいレースで締めくくりたいと、ホンダF1テクニカルディレクターの田辺豊治氏が語った。

 高速で流れるようなレイアウトのシルバーストンはパワーユニットのパフォーマンスが非常に重要となるサーキットだ。ホンダのファクトリーは、シルバーストンから車で約40分に位置するミルトン・キーンズにあるため、イギリスGPは日本GPと並びホンダにとってホームレースであるといえる。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

「今回は3連戦最後となる英国でのレースです。ホンダはF1参戦時、第2期にラングレー、第3期にブラックネル、現在はミルトン・キーンズと、英国に最前線基地とも呼べる拠点を置いてきました。 したがって、英国GPは日本GPと同じく我々のホームレースと言えます」と田辺F1テクニカルディレクター。

「現在、そのレースチームの拠点となるミルトン・キーンズでは、PUのメンテナンスやエンジンベンチでのテストに加え、バッテリーパックの開発も行っています。今回のレースには、それらの開発に関わる同僚やその家族、友人などが応援に来てくれる予定です。そして、同じく英国にあるホンダの欧州本社や研究所、スウィンドン工場からも多くの仲間が来てくれます」

「今回のレースの地となるシルバーストン・サーキットは、スロットル全開率が65%近く、PUのパワーが重要となる高速サーキットですし、ストレートでの戦闘力を得るためのエネルギーマネジメントなども併せて重要となります」
 
「ここ2戦は難しい戦いが続きましたが、3連戦の最後となるシルバーストンではホームの観衆にいいレースを見てもらえるように、万全の準備をして臨みたいと思います」     

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します