現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > セパン所有のSICレーシングが2019年からMotoGP参戦。ニエトのエントリーを引き継ぎ、ヤマハのサテライトチームに

ここから本文です
スポーツ 2018.7.5

セパン所有のSICレーシングが2019年からMotoGP参戦。ニエトのエントリーを引き継ぎ、ヤマハのサテライトチームに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキット(SIC)レーシングチームが、ドゥカティのサテライトチームであるアンヘル・ニエト・レーシングチーム(ANRT)のエントリーを引き継ぐ形で、2019年のMotoGPクラスに参戦することが発表された。


 SICレーシングはヤマハのサテライトチームとなり、バイクの供給を受ける。ライダーのラインアップはまだ発表されていないが、現在マルクVDSに所属しているフランコ・モルビデリがチームに加入すると予想されている。彼のチームメイトはレプソル・ホンダ離脱が決まっているダニ・ペドロサが有力だが、来週木曜日の記者会見で彼の引退が発表される可能性もある。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 その名の通り、マレーシアGPの舞台でもあるセパンが所有するSICレーシングは、Moto2やMoto3クラスにも参戦しており、Moto3では佐々木歩夢が所属している。


 ニエトは、80ccと125ccでチャンピオンを獲得したホルヘ・マルチネスが作ったチームだ。彼のニックネームでもある”アスパー”として知られていたが、今年は交通事故で亡くなったスペインの英雄、アンヘル・ニエトに敬意を表してチーム名を変更していた。

 チーム・アスパーは2010年にMotoGPに参戦開始。ドゥカティやホンダ、アプリリアのバイクを使用したが、リザルトは4位が最高。現在は、アルバロ・バウティスタが2017年仕様、カレル・アブラハムが2016年仕様のドゥカティを走らせている。

 チームの声明では「ANRTとSICは、2019年からSICがANRTのMotoGPクラスのエントリー枠2台分を引き継ぐことで原則合意に達した」とされている。

「ミスター・ホルヘ・マルチネス”アスパー”が、この新しいMotoGPチームのスポーティング・アドバイザーに就任する」

 なお来季のMotoGPグリッドは、11チーム22台に縮小される見込みが高まっている。ニエトがSICレーシングへエントリーを譲ったのに加え、マルクVDSはチームマネージャーのマイケル・バルトレミー離脱に端を発したチーム内の対立により、MotoGPから撤退すると考えられている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Valentin Khorounzhiy)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します