現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1、オーストリアGPのVSC発動時に判断ミスを犯したストラテジストを擁護

ここから本文です
スポーツ 2018.7.3

メルセデスF1、オーストリアGPのVSC発動時に判断ミスを犯したストラテジストを擁護

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスF1のトップ、トト・ウォルフは、日曜のオーストリアGPで重大な判断ミスを犯した戦略担当のジェイムズ・ボウルズを擁護している。

 バルテリ・ボッタスのリタイアに伴ってバーチャルセーフティカーが発動された際、チームはルイス・ハミルトンをピットに呼び戻さないという判断を下した。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 その戦略判断はハミルトンにとって高くつくものになった。その直後に彼は、この判断ミスを補うために8秒ものタイムを取り戻さなければならないと伝えられたのだ。

 レースを失うことになると感じたハミルトンは、無線でもその気持ちを強く表明し、ボウルズは責任は自分にあるとした。

「私が今日の勝利をふいにしてしまった。申し訳なく思っている。できることをやってくれ。我々は君を頼りにしているし、信頼している」とボウルズは語っている。

 ウォルフはメルセデスのボスとして、この日はこれまでにないほど悲痛な1日だったと語ったが、公衆の面前で自身のミスを認めたボウルズの勇気を称賛した。

「ジェイムズは最高のクルーだと私は思っている。最大限の結果を出すために、数百万人の人々の前で『これは私のミスだ。君はこのマシンでできることをやってくれ』と言うのは勇気が必要だ」とウォルフは述べた。

「我々には変化は必要ない。一番重要なことは、なぜミスが起きたかを理解し、その状況に立ち戻って分析することだ」

「ミスを再び繰り返すことはないと考えている。状況は非常に複雑だった。6台ものマシンとバトルをしており、厳しい状況だったというだけだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します