現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バンドーン「ガスリーとの接触はレーシングインシデント。避けることができなかった」:F1オーストリアGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.7.2

バンドーン「ガスリーとの接触はレーシングインシデント。避けることができなかった」:F1オーストリアGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1オーストリアGP決勝で、マクラーレンのストフェル・バンドーンはリタイア(15位完走扱い)だった。
              

 バンドーンは1周目にピエール・ガスリーと接触、パーツ交換のためにピットに戻らなければならず、最後尾に落ちた。65周目にチームはギヤボックスの問題を理由にバンドーンをリタイアさせた。

    アロンソ「ピットレーンから2017年仕様のウイングで入賞。信じられない結果」:F1オーストリアGP日曜

■マクラーレンF1チーム
ストフェル・バンドーン 決勝リタイア(15位完走扱い)
 1周目の一件は、普通のレーシングインシデントだ。ターン3の入口で3台か4台のマシンがサイド・バイ・サイドになったが、あのコーナーはエイペックスと出口が狭くなっている。残念だが接触を避けることは不可能だった。

 ノーズ交換のためにピットに入り、コースに復帰した後、トラフィックにはまり、すぐに先頭グループが後ろから来て、ブルーフラッグを振られた。次々に来るマシンを前に出さなければならず、すごくフラストレーションが溜まった。

 終盤になってクリアラップをとることができ、何台かオーバーテイクすることができた。マシンにはそれなりにペースがあったと思う。ラップタイムを見れば、今日の僕らは予選よりもずっと競争力が高かったことが分かる。それはよかった点だ。

 この難しい週末に、(フェルナンド・アロンソの入賞で)チームがポイントを取ったことも、ポジティブな要素だよ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します