現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 収益確保に苦戦していたホッケンハイム、2019年のドイツGP開催を断念

ここから本文です
スポーツ 2018.7.2

収益確保に苦戦していたホッケンハイム、2019年のドイツGP開催を断念

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 発表が予定されている2019年のF1カレンダーでは、ホッケンハイムでのドイツGPは中止になるようだ。

 F1の情報に詳しいAuto Motor und Sportのレポーター、トビ・グリューナーによると、ホッケンハイムはF1開催からの収益確保に常に苦労しており、開催枠をアメリカでの第2のレースとなるマイアミGPに譲り渡すことになりそうだ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ニュルブルクリンクが財政的理由でF1開催権を放棄するまで、ホッケンハイムは過去10年にわたり同会場とシーズンごとに交代でドイツGPを開催してきた。

 ドイツGPが中止となることで、メルセデスおよびフェラーリのセバスチャン・ベッテルはホームレースを失うことになる。しかしこれまで彼らは、7度の世界チャンピオンであるミハエル・シューマッハーが席巻していた栄光の時代ほどの大観衆を引きつけることはできていなかった。

「驚きはしないが、もちろん大変残念なことだ」とホッケンハイム代表のゲオルク・ザイラーはSport Bild誌に述べた。

「リバティ・メディアと何度も話し合った。我々は財政的リスクを最小限に抑えられるのなら、開催を継続していきたいと常に明確にしていた」

「しかし今シーズンの現状を見ると、我々はリバティ・メディアが考える開催モデルに到達できないことがわかった」

 ザイラーは、ホッケンハイムが2020年には復帰することを望んでいるという。

「根本的にビジネスモデルを変えることが目標だ。将来、我々の考えがF1側とどの程度歩調を合わせることができるか、様子を見ることになるだろう」

 F1のCEOを務めるチェイス・キャリーは、第2のレースをマイアミで開催することでアメリカでのF1を拡大していくことはヨーロッパの不利益にはならないと、これまでもしばしば主張してきた。

「はっきりさせておくが、ヨーロッパでのF1開催を犠牲にするということではない。ヨーロッパはF1の基礎であり、このスポーツのホームなのだ。私の考えとしては、F1はこれからも常にその基礎の上に築かれていくだろう」とキャリーは語った。

 しかしその基礎は、ドイツGPが消滅することでまさに衝撃を受けることになりそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します