現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノーPU”予選モード”の使用を解禁。しかしドライバーたちは効果を感じられず|F1オーストリアGP

ここから本文です
スポーツ 2018.7.1

ルノーPU”予選モード”の使用を解禁。しかしドライバーたちは効果を感じられず|F1オーストリアGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーは前戦フランスGPの週末に、パワーユニット(PU)の”予選モード”に関するテストを行った。メルセデスやフェラーリは”パーティーモード”などと呼ばれるこのPUマッピングを以前から持っており、それを活かして予選で好パフォーマンスを発揮してきた。

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、このモードの投入について「素晴らしいニュース」と発言。「速いラップタイムを出すためにインパクトを与える」と語った。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 しかしオーストリアGPで実戦投入されたこのモードについて、ルノーのカルロス・サインツJr.とニコ・ヒュルケンベルグは揃って「パフォーマンス面ではそれほど差がない」と評価した。

 ヒュルケンベルグはチームメイトに0.3秒の差をつけられ、予選10位に終わった。そのヒュルケンベルグは、「パフォーマンスが増したことに気付かない」と語った。

「気付くことができるくらいに、もっと多くのことが起きる必要がある」

 そうヒュルケンベルグは語った。

「僕らが何を持っているか、それについて皆さんが何を考え、何を話しているかは知らないけどね」

「とにかく驚くようなモノじゃなかった。そういうことをお伝えすることはできるよ」

 サインツJr.はこの予選モードについて尋ねられると、次のように語った。

「確かにある。でも、誰もが予選モードを持っている」

「予選では、少しそのパフォーマンスを知ることができた。でも、予選モードのアドバンテージを感じるには、僕らはハースに差をつけられすぎていた」

 1分3秒台の決着という、今季のカレンダー中最も”速い”ラップタイムとなったオーストリアGP予選。しかしルノーのカスタマーチームであるレッドブルは、メルセデスやフェラーリに0.7秒遅れた。そればかりか、ダニエル・リカルドに至っては、ハースのロマン・グロージャンにも先行され7位となった。

 ルノーのチーフ・テクニカル・オフィサーであるボブ・ベルは、金曜フリー走行の際に「我々は予選モードを”パーティーモード”と表現することはない」と語っていた。

「おそらく、他のエンジンメーカーはこれまで走らせてきたモノと、同じ”リーグ”にはいないだろう」

「我々はレースごとに、エンジンを改良している」

「我々は常に、パフォーマンスを向上させるため、エンジンを動かす新たな方法を見つけようとしている。ルノーはその点で、少し遅れを取っているが、我々は今、それを埋め始めている。我々は小さな改良を施した。しかし、それほど大きな違いがあるモノではない」

 しかしベルは、今シーズン中に”ハイパワーモード”を改良できる可能性があると語った。

「今シーズン中に開発できる、いくつかのモードがある。それはすべてのラップで使えるモノかもしれないし、2~3周するだけのモノかもしれない。予選だけで使用するモノかもしれない

 そうベルは説明した。

「これらの制限は、シーズン中に変わる可能性もある」

「新しい作動モードに自信を持っていくにつれ、そしてサーキットで多くのデータを取得するにつれて、マイレージの制限を解くことができるかもしれない」

「まずは控えめに始め、徐々に窓を開けていくんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します