現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1、悪循環に陥りノーポイントが続くグロージャンを信頼「彼にはそれを乗り越える強さがある」

ここから本文です
スポーツ 2018.6.27

ハースF1、悪循環に陥りノーポイントが続くグロージャンを信頼「彼にはそれを乗り越える強さがある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハースのギュンター・シュタイナー代表は、今シーズン未だにポイント獲得がないロマン・グロージャンについて、今は彼に不運が”降り注いで”いるものの、必ず復活を遂げると信頼を寄せているようだ。

 今シーズン、10年ぶりにフランスGPが復活。初の母国グランプリを迎えたグロージャンは初日から好調だったものの、予選Q3でスピンを喫してしまった。10番グリッドから決勝に臨んだが、スタート直後にエステバン・オコン(フォースインディア)と接触し、5秒のタイム加算ペナルティを科せられた。

    サッカーW杯特別企画:もし各国のユニフォームがF1マシンになったら?

 最終的にポイント圏外の11位でレースを終えたグロージャンは、昨年のアメリカGP以来、ポイントを獲得できないレースが続いている。

 一方、チームメイトのケビン・マグヌッセンはフランスGPでの6位を含めて4度入賞。計27ポイントを獲得している。

 シュタイナーは「片方のドライバーがうまくいっていて、もう片方がそうではないときは、常に難しいと思える」とmotorsport.comに語った。

「昨年はケビンがそうだった。彼が不調の時に、人々は彼を非難していたのだ。今は、それがロマンになっている。彼は何もかもうまくいっていない」

「雨が降っているようには見えないだろうが、(グロージャンにとっては)常に降り注いでいるんだ。彼は自分の力で立ち直ろうとしていたが、ペナルティを受けて打ち負かされてしまった。だが、彼にはそれを乗り越える十分な強さがあると思っている」

 グロージャンが復活するためには何をしなければならないかと訊くと、シュタイナーは次のように答えた。

「私に何が言えるだろうか? 彼は復活する。いつかは彼らが2台でポイントを獲得できると思っている。彼にとって、ポイントがそれほど遠くにあるとは思っていない」

 フランスGPでは、ルノーのカルロス・サインツJr.が終盤にMGU-Kのトラブルを抱え後退。マグヌッセンがメルセデスのバルテリ・ボッタスを従えて6位となった。シュタイナーは、トップ3チームに次ぐポジションを得られたことに満足しているようだ。

「我々はこの結果に満足している。常にもっと良い結果を望んではいるが、7位になることも同じく狙っている」

「カルロスが終盤に問題を抱えたので、我々は少し幸運だったが、このポジションは我々が望んでいたものだ。うまくいけば、ここからポイントを重ねていけるだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します