現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > テストで6000km走破も、”緑の地獄”は今年も過酷……TOYOTA GAZOO Racingはニュル24時間をどう戦ったか?

ここから本文です
スポーツ 2018.5.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニュルブルクリンク24時間レース、通称“ニュル24時間”が5月10日~5月13日、ドイツ北西部のサーキット、ニュルブルクリンクを舞台に開催。今年も147台と数多くのチャレンジャーが世界各国から集結したが、そのなかで注目を集めていたチームのひとつがトヨタの社員で構成されたTOYOTA GAZOO Racingだろう。

 2007年にニュル24時間への挑戦を開始した同チームは今年、先行開発の一環として新技術を盛り込んだレクサスLCを投入。土屋武士、松井孝充、蒲生尚弥にニュル初挑戦の中山雄一を加えた4名でSP-PROクラスへチャレンジした。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く