現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > インフィニティ、30周年記念モデル「エディション30」シリーズ5モデルをペブルビーチで発表

ここから本文です
モーターショー 2019.8.14

インフィニティ、30周年記念モデル「エディション30」シリーズ5モデルをペブルビーチで発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産のプレミアムブランド「インフィニティ」は8月9日、ブランド創設30周年を記念した限定車「エディション30」を計5モデルに設定し、今年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスに出展すると発表した。

米国カリフォルニアのペブルビーチで開催される伝統のコンクール・デレガンスでは、居並ぶ珠玉のクラッシックカーとともに、各ブランドがコンセプトカーや限定車を持ち込むのが恒例となっている。8月16日に開幕する本年のイベントでは、インフィニティが脚光を浴びることになりそうだ。

    「インフィニティ QX インスピレーション」は日本の「間」と「おもてなし」を取り入れた

今回発表されたエディション30は、既にアナウンスのあったコンセプトカー3台に加えて出展される限定車で、ミドルサイズセダン「Q50(日本名:日産スカイライン)」、そのクーペ版「Q60」に加え、SUVの「QX50」(旧モデル名称:スカイラインクロスオーバー)、「QX60」、「QX80」に設定される。このうち、Q50以外は国内未導入モデルだが、いずれも米国を始め海外ではプレミアムセグメントにおいて評価を確立したモデルだ。

限定車に採用される特別装備の内容は、インテリジェントクルーズコントロール、前方衝突警報、後退時衝突防止支援システムなどからなる「プロアシスト・パッケージ」がメインで、この中にはインフィニティが世界で初めて世に送り出したテクノロジーも含まれる。また、エクステリアでは、通常モデルと異なりグリルサラウンド、フェンダートリム、リアフィニッシャーがダーククローム仕上げとなるほか、ブラックアウトされたサイドミラー、ダークフィニッシュのアロイホイール、ボディ同色のリアエプロンなどが装備される。

公開された画像では、ホワイトのボディカラーをまとった5台のエディション30が勢揃いしており、どのモデルもコントラストを強めたエクステリアが精悍な印象をもたらしている。各モデルの詳細については、本年秋の販売開始前に明らかにされる模様だ。 日本でも展開されるQ50については国内導入の可能性があるかもしれない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します