現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ソアラ MZ20型、フェアレディZ32型などネオクラシックが集結! オートモビル カウンシルで国内メーカーが共同企画

ここから本文です
モーターショー 2019.3.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「百花繚乱80’s」。4月5日に開幕するオートモビル・カウンシル2019に、国内自動車5ブランドが、この共通テーマのもと出展することを発表した。

80年代は、日本の自動車産業が隆盛を極めた時期。さまざまな個性やデザインを備えたクルマが各社から誕生し、景気上昇とも重なって自動車業界は大いに盛り上がった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

そうした輝かしいヘリテージがメーカーやブランドの垣根を越え、オートモビル・カウンシルに集まる。トヨタの掛け声のもと、それに賛同した日産、ホンダ、スバルが80年代を代表するモデル計7車種を出展する。(carview!)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン