現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【東京オートサロン2019】TASのご神体となるか!? 超絶ギンギラギンの1958年型シボレー インパラは魂の逸品だ

ここから本文です
モーターショー 2019.1.11
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これはもはや自動車界の金閣寺というか、カスタム界のサグラダ・ファミリアと呼ぶべきだろうか? カスタムペインター井澤孝彦氏率いる「ROHAN」が東京オートサロン2019に出展した1958年型のシボレー インパラである。

この超絶ギンギラギン状態は、ありがちなラッピングによって実現しているわけではない。職人さんたちが特殊塗料と「彫刻刀」を使って約1年半がかりで、コツコツ手仕上げしたものなのだ。

通常、この手のギンギラカーをラッピングではなく塗装で作る場合は「銀鏡塗料」と呼ばれる塗料を使う。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン