現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【東京オートサロン2019】アルパインスタイル、初披露を含む11台のカスタマイズカーを一挙に展示

ここから本文です
モーターショー 2019.1.11

【東京オートサロン2019】アルパインスタイル、初披露を含む11台のカスタマイズカーを一挙に展示

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月11日から千葉・幕張メッセで開幕した東京オートサロン2019。アルパインはトヨタのアルファード、ヴェルファイア、ヴォクシーなどの人気ミニバンや、C-HR、マツダ CX-5などの注目SUVのカスタムに加え、オートサロン2019でデビューとなるアルパインスタイルのニューラインナップを発表。さらにキャンピングカー専門店のToy-Factory(トイファクトリー)と共同開発したコンセプトカーを展示しました。

アルパインスタイルの特徴は、「5S(スポーツ、スパルタン、シャープ、シンプル、スマート)」に加え、セーフティーの「1S」を加えた、「5S+1S」というコンセプトをベースとすること。3D技術を駆使して各モデルのボディを精密にスキャンし、「精巧で寸分の隙もない、アルパインならではの美しいスタイリング」を実現しているそうです。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

室内に入れば車種専用のお馴染み大画面カーナビ、ビッグX11が中央に鎮座しており、各モデルのインテリアにあったデザインに加え、見易さと扱いやすさが際立ちます。スマホの地図アプリに押され気味なカーナビですが、クルマ好きにはまだまだ魅力的に映るのではないでしょうか。また昨年に参考出品したというリフトアップスピーカーを商品化し、早速展示車に装着。ツイーター部のせり上がる動きやスピードにまで徹底的にこだわったそうです。

トイファクトリーとの共同開発でこれからのインテリアを提案したというトヨタ ノアとハイエースは、普段使いも考えながら車中泊やキャンプを可能にしたもので、やりすぎないスマートさが好印象でした。

メディアカンファレンスの後にアルパインマーケティングの水野直樹社長にお話しを伺ったところ、「ユーザーとの接点を増やし、そこで得られた要望や意見を積極的に取り入れ、アルパインの強みを活かしつつ事業を拡大していきたい」とのこと。そういう意味でもオートサロンへの出展は重要視しているそうで、それが今回の大幅な展示エリアの拡大にもつながっているそうです。

2月9日には福岡に続きアルパインスタイルの2号店となる「アルパインスタイル横浜246」を東名高速の横浜町田インターそばにオープン。今後は名古屋などへの出店も検討したいそうで、トータルなカーライフ提案企業として事業を推し進める新しいアルパインに期待したいところです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します