現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)開幕。気になる日本メーカーからはまさかの黒いあいつも登場

ここから本文です
モーターショー 2018.11.11

ミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)開幕。気になる日本メーカーからはまさかの黒いあいつも登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月6日~11日にかけて、北イタリア最大の都市、ミラノで開催されている「ミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA 2018)」に、今年も日本の4つのメーカーが話題のモーターサイクルを出展しています。

ついては現地から詳しく、と言いたいところですが、都内のオフィスからまとめて、ワールドプレミアを中心にトピックをお伝えしたいと思います。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

まず、ホンダですが、ワールドプレミアは5台で、内容もネイキッドからスポーツモデル、アドベンチャーモデルと万遍なく、そつのない印象です。

まず、直列4気筒エンジンを搭載する、ベースが同じで、ネイキッドの「CB650R」と、スポーツモデルで現行CBR650F後継の「CBR650R」というスタイル違いの2台。共にショートテールを採用して、今どきのスタイルとなっています。

あとの3台は、直列2気筒エンジンの「CB500F」、「CBR500R」、「CB500X」で、それぞれF=ネイキッド、R=スポーツ、X=アドベンチャーモデルとなっています。こちらの3台もベースは共通ですが、カウルや補器類を作り分けて、それぞれ違和感なく成立させています。

ホンダは、上記5台に加え、ヨーロッパ地域の研究開発拠点であるHonda R&D Europe(ローマ)によるデザインスタディモデルとして、ネイキッドストリートモデルの「CB125M」、アドベンチャーモデルをイメージした「CB125X」を出展しています。

水冷4ストローク単気筒、素直に車名で判断すれば125ccエンジン搭載のデザインスタディは、ライトなど補器類などを除けば現実的なデザインで、免許取得期間が短縮された原付2種免許で乗れるモデルとして、日本でも注目されるのではないでしょうか。売られるかどうかはわかりませんが。

次いで、去年このEICMAで前2輪のLMW機構を持つ大型スポーツモデル、ナイケンを発表したヤマハのワールドプレミアは3台。注目はプロトタイプではありますが、「3CT」なるLMWコミューター。

300cc水冷エンジンを搭載した3CTは、全体のスタイル的には、トリシティ125・155に似通っていますが、リアがぐっと延びて、コミューターでありながら、週末は高速を飛ばしてロングツーリングもイメージさせるスタイルとなっています。

残り2台は、689ccの並列2気筒エンジンを軽量ダブルクレードルフレームに搭載したアドベンチャーモデル「テネレ700」と、ナイケンにサイドケースやヒートグリップなどの装備を搭載して、長距離ツーリングの快適性を高めた「ナイケンGT」。

なにげにグレー一色だったナイケンが、「GT」となってブルー系のボディカラーに、金色のフロントツインフォークというカラーバリエーションが追加されているのも注目ですが、オールドファンにはパリダカに参戦していたゴロワーズカラーのマシンを連想させるテネレ700にぐっと来るのではないでしょうか。

続いてスズキですが、こちらはワールドプレミアと言っていいのか微妙ですが、禁断の(でもないですが)「ブラックカタナ」を出展しました。

10月の独インターモトでセンセーショナルに復活した新世代カタナですが、EICMAでは今や伝説的ドラマ「西部警察」で舘ひろしの駆った、黒いカタナを彷彿させる、まさかのブラックカタナの登場に、オールドファンは狂喜、ヤングファンは冷静に(?)受け止めていることでしょう。

最後にカワサキですが、ワールドプレミアは新型の3台と、2019年モデルの3台。

まず新型の空冷並列2気筒エンジンを搭載するレトロモデル「W800 STREET」と、それにビキニカウルやローポジションハンドル、シングルシート風のカフェシートを装備するカフェレーサースタイルの「W800 CAFÉ」。

そして、「Z400」は先行して発売されている「Ninja 400」のネイキッド版と言えるモデルで、同様に新開発のエンジンとシャーシを採用しています。

2019年モデルでは、アドベンチャーモデルの「Versys 1000」とその上級グレード版の「Versys 1000SE」、スーパーチャージドエンジンを搭載した高性能スポーツツアラーモデルであるNinja H2 SXシリーズの上級グレード版SEに、KECSというショーワと共同開発した電子制御サスペンションなどを搭載した「Ninja H2 SX SE+」を出展しています。

というわけで、10月のパリモーターショーではあまり元気のなかった4輪の日本メーカーですが、2輪の世界では海外ショーでも元気そうな日本メーカーでした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します