現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「クルマ暴走」想定の救助訓練が増加 もし事故現場に遭遇したら我々はどうすべきか?

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SC駐車場で暴走車が20人をはねた」想定

 クルマの「暴走」を想定した消防の救助訓練が増えています。2019年11月13日(水)には、岐阜市消防本部が市内のショッピングセンター駐車場で実施。10月には愛知県犬山市でも同様の訓練が行われました。

    「そろそろ免許返納」どう判断? 高齢者ほど「運転に自信」 衰えに気づくには

 今年4月、東京・池袋で高齢ドライバーのブレーキとアクセルの踏み間違いによる暴走事故が発生し、11人が死傷。大きく報道されましたが、東海地方では9月に、名古屋市の金山駅南口で75歳のタクシードライバーが7人をはねるなど、同様の事故が全国で相次いでいます。(乗りものニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン