現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツが安全と言われる理由 ドライバーと歩行者を守り続けた開発哲学を知る

ここから本文です
業界ニュース 2019.11.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマ事故から身を守る世界初の前後衝撃吸収式構造 

 自動車を発明したメーカーの責任として、メルセデスは常に革新の安全技術を研究開発。これまで「安全性」を標準装備してきた。

    W140型 Sクラスというメルセデスが威信をかけた至高のベンツ

 1951年に「前後衝撃吸収式構造」と「頑丈なパッセンジャーセル構造」の特許を取得。1953年には、この世界初の衝撃吸収式構造ボディを採用した量産乗用車”180″を発表(セミモノコック)した。

 その6年後、1959年8月に生産を開始した”220Sb”(通称;羽根ベン)で、衝撃吸収式構造ボディ(モノコック)を完成し、乗用車のボディ構造に大きな改革をもたらした。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン