現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > TMS速報・さらに詳しい、新ハイエースあらためグランエース。「もしドバイの王族がトランポを欲しがったら」

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.24

TMS速報・さらに詳しい、新ハイエースあらためグランエース。「もしドバイの王族がトランポを欲しがったら」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランポ業界を賑わしてきた、アジアで先行しているハイエースの新型が、グランエースという形で東京モーターショーにて日本初お披露目されている。はっきり言って、その豪華具合はトランポ仕様に改造する…という範疇を超えているが、いやいや、ちょっと待てよ。超豪華なトランポを想定したら、これはこれで楽しいでしょうよ!(もう、やけです)

これって、超お金持ち使用のトランポ作れるのでは?
初見の感想としては、とにかく幅がデカイことだ。姿形は、トヨタで言うアルファードなどのエグゼクティブミニバンが、そのままお化けのように拡大したようなイメージを受ける。若干、怖さを感じるほどだ。

    カワサキが「Z H2」「Ninja ZX-25R」「W800」3台のワールドプレミアモデルを発表!

[ アルバム : 東京モーターショーで見られる、グランエースのすべて はオリジナルサイトでご覧ください ]

そこで、トヨタ車体が提案する「新しいハイエースの内装」をみてみよう。

こちらが、リゾートツアラーコンセプト。後部は4座で、現代風リムジンの解釈も可能だ。ドバイの王族なら、このくらいは想定内だろう。

で、もっと見ていただきたいのがこちら。ビジネスコンセプト。これは、新ハイエースのフルサイズの寸法をベースとしており、グランビアとは異なるという。

室内にも立たせていただいたのだけど、その大きさは現行の200系ハイエースの幅を遙かに超える巨大な空間だった。縦に4台は余裕にいけるだろう、という感覚だ。ただ、荷室の長さは200系スーパーロングと大差なさそうなイメージである。

運転席は、新ハイエースベースだと言う。後部座席6座で、ビジネスクラスの客を想定している送迎車とのこと。

見ての通りだが、室内高は現行ハイルーフなみ。では、ここから実車グランエースをみていこう。

グランエースは、超高級車
グランエースは、名前を変えているだけあり、いわば商用バンのそれではなく贅を尽くした送迎用ワゴンである。運転席も、超豪華だ。ドバイの王族なら、このくらいの運転席は常識のハズだ。もちろん、自分で運転するものではない。

床面は高め
こちらを見ていただくとわかるように、床面はかなり高めに設計されている。

したがって、ステップボードはこれまでのハイエースに見たことがないほどデカイ。それも、車体の幅が広く余裕のある室内設計だからということができる。

室内幅1,735mm、室内高1,290mm。若干かがまなくてはならない室内高だが、ドバイの王族なら自分でマシンを乗せるようなことはしないはずだ。それよりも、床の高さが生み出す静粛性に注目したい。

ちなみに、この座席たちは…

なんともだらしない姿勢になれる。全部電動だ。どうですか、あなたのトランポにこのリラクゼーション。1台仲間内で仕入れて、4座あるシートを分け合うのもオススメだ。という冗談はともかく、最後列2席を取り払えば、ドバイの王族トランポが完成するというわけである。

もちろん、王族だったらトレーラーひけやとか、どでかいメルセデスかどこかのキャンピングでいけやとか、そういう話は一切うけつけない。

これでもショートなグランエース
※以下、過去記事を再編集しています

オリンピックにあわせて、送迎用のコミューターを導入するというウワサは、以前より多方面から聞こえてきていたが、ようやくソレが目の前に出てきた形だ。全長5370mm、全幅1970mmの巨大なボディは現状のスーパーロング(全長5380mm、全幅1880mm)とほぼ同一のボディになる。

だが、これは先行して新ハイエースが導入されているオーストラリアのスペックで見ると…

[ 表が省略されました。オリジナルサイトでご覧ください ]

みてのとおり、LWB Van、つまりショートボディと変わらないわけだ(若干の差異は、おそらくグランエースがワゴンとして外装をチェンジしたことによるものだろう)。

グランエースは、余裕たっぷりな座席配置だからこその6人乗り。

東南アジアで展開される、新ハイエースバン
2019年、展開されている新ハイエースはこんな概要だ。

タイのハイエース
TOYOTA COMMUTER

TOYOTA HIACE

ラインアップは2種。バスのほうは、ハイエースでは無く「コミューター」という名前で展開されている。

タイのパラリンピック委員会にも、コミューターが寄付されたとのこと。かなり使用用途にわりきったラインナップなのが、タイの新ハイエースの特徴だ。

2005年からタイへ正式に参入したハイエース
トヨタがタイへハイエースを輸出しはじめたのは、2005年。またたく間に、送迎サービスなどでハイエースはヒット商品になり、それまでの改造された相乗用ピックアップトラックから取って代わっていた。日本とは違った装飾が特徴で、独自の文化「タイエース」を築いているのも特徴。

「1967年のトヨタハイエースの誕生以来、ハイエースは経済成長を支えてきました。ワゴン、バンの現在のモデルは、15年間発売されていて、発売以来5世代目になります。トヨタハイエースの全世界の販売台数は150カ国以上で、約630万台になると見込まれていますが、これらの新製品はタイでも世界でも最も人気のあるモデルです」とはトヨタ自動車のチーフエンジニア、石川拓雄氏。

Macpherson Strutフロントサスペンションは、ドライバー・乗客ともに優れた快適性を実現するという。

また、最も話にあがるセミボンネットスタイルは、安全性を向上するだけでなく、音響や車内の静粛性にも好影響を与えるとのことだ。振動も抑えられており、コミューターとしての質を向上している。

オーストラリアのハイエース
TOYOTA
HIACE LMB Van

TOYOTA
HIACE LWB Crew Van

TOYOTA
HIACE SLWB Commuter

TOYOTA
HIACE SLWB VAN

こちらは、かなり200系のハイエースに近いラインアップ(実際には、SLWB CommuterのGLも存在する)。

ショートとロングの寸法は、以上の通り。日本の200系で一般的な、ショートボディの2列シートは、オーストラリアにおけるLWB Crew Vanというタイプだ。スーパーロングにあたるSLWBには1列シートしかラインアップがない。ニュージーランドも、ほぼオーストラリアと同じである。

200系ショートの互換、新ハイエースLWBとは
あらためて、ショートボディをみてみよう。ノーズを出した分、200系からおおよそ950mm長くなっていると解釈することができる。そのかわり、全長は5265mmと十分な長さを持っていて、200系のスーパーロングと同等(そもそも互換なのだろうか…という疑問が残るが…)。

実は、この荷室の寸法が新ハイエースの公式な数値が、見当たらない。なので、ここからは推測なのだけれど、このLWBでは全長・ノーズ長から勘案するに、200系のショートボディと同等ということになりそう。

タイで発表されている先進性

タイで発表されている、3つの最新安全性能
新型ハイエースは、3つの安全性能を搭載すると言う。

1.セミボンネットによる、衝撃吸収
ボンネット下におさまる、エンジンは衝突安全性を向上。

2.3カ所のエアバッグ
日本では常識になりつつあるエアバッグを3カ所に装備。ドライバーだけでなく、パッセンジャー、乗客をカバーするとのこと。

3. アクティブセーフティ機能
ABS、車線逸脱防止昨日、トラコンなどの最新機能を搭載。長距離運転にも有用性は高い。

5月21日に台湾でハイエースのハイエンドワゴン版「グランビア」が登場。グランエースより先行
グランビアは、元々日本でもハイエースの派生ワゴンとして発売されていた名車。今回は、タイで発売された新型ハイエースをベースとしているようで、6人乗り・9人乗りの設定。このたび発表された、グランエースと、外装はうり二つ。

エンジンは2.8Lの1GDターボディーゼル。この組み合わせを待ち望んでいたトランポユーザーも多いことだろう。先進機能としては、DRCCレーダー誘導距離維持固定速度システムとLDAレーンオフセット警告システムを装備。長距離遠征も、だいぶ楽になりそうだ。

満足感の高そうな、ドライバーズシート。

3箇所のSRS補助エアバッグ、VSC車両安定性制御システム、TRCトラクションスリップ制御システム、ブレーキアシストシステム、上り坂スタートシステム、ABSアンチロックブレーキシステム、PCS早期警戒保護システム、DRCCレーダー誘導距離維持固定速度システム、LDAレーンオフセット警告システム、AHBインテリジェントハイビーム自動切替システム、など充実の装備が特徴。

後部座席には、電動オットマンがつき、サラウンドシステムなども充実。

台湾では、タイで発表されたハイエースもすでにカタログ入りしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ 稲垣 正倫)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します