現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あの箱根駅伝で活躍したレア車がモデル化! 京商SAMURAIの最新作はトヨタセンチュリーGRMN

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベース車にはないホワイトカラーVerを再現

 さまざまなホビーアイテムを取り揃える京商。同社の人気モデルカーシリーズ「SAMURAI」の最新作は、トヨタ自動車の代表である豊田章男社長などが移動の際に使用するセンチュリーGRMN。他のSAMURAIシリーズと同様18分の1スケールで、限定700台となる。1万9800円(税込み)。

    報道陣も騒然! 豊田章男社長が乗り込んだのは世界に1台だけのトヨタ・センチュリーGRMN!

 センチュリーGRMNは、モデル化されたホワイトのほかにブラックも存在し、計2台のみのスペシャルモデル。市販化は予定されておらず、ホワイトは東京、ブラックは愛知で活躍しているという。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン