現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバルの未来

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年9月27日にトヨタ、スバル両社から「新たな業務資本提携に合意」というニュースがあった。これまで2019年3月31日の時点では、トヨタは、スバルの株式16.82%を持つ筆頭株主で、議決権比率3.17%だった。そして今回の合意により、トヨタは議決権比率20%に達するまでの株式(約2430万株)を取得したことになる。一方でスバルは、トヨタが株式取得に要した金額と同額の800億円を上限にトヨタの株式を取得している。(Auto Prove)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ayu*****|2019/10/17 12:39

    違反報告

    マツダの方が先にEV出すとは思わなかったわ。
    スバルは過去にエンジン屋と思われては困ると言ってて、マツダほどエンジンに執着は無かったように見えたのに、今のところeボクサーでお茶濁してるだけだ。
  • osa*****|2019/10/17 12:16

    違反報告

    まず一番に、リニアトロニックは捨てるべき。
    そして多段トルコンATを開発すべきです。

    電動化時代に不要になるのは「CVT」と言われています。
    数年後には中型車クラスのCVTもなくなるといわれています。


  • shi*****|2019/10/17 12:13

    違反報告

    スバルの普通化(=トヨタ化)はとっくに進行しています。
    もう7,8年も前にスバルの未来を心配し始めたら、新型が発売されるたびにスバルの未来に希望が見えなくなっていきました。

    正直、今のスバル車で欲しい車種はありません。
    スバル車でなければならない理由が一つもありません。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン