現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動運転対応など高度化する技術ニーズに応えるため、東刈谷事業場にてソフトウェア開発を開始

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.10
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイテクトは、電動パワーステアリング(EPS)の電子関連部品の開発力強化を進めており、高性能要求、新規性のある開発アイテムの増加に対しソフトウェア開発技術者の増員を計画している。従前の自動車部品のソフトウェア開発拠点である花園事業場技術開発センターに加え、 東刈谷事業場でのソフトウェア開発を2019年9月より開始し、その開所式を行った。

 自動運転化対応、ステアバイワイヤなどの新規システムに対応するため、機能安全設計、冗長設計、サイバーセキュリティ対応など、EPSの技術ニーズはより高度化し、顧客であるカーメーカーごとにそのニーズは多様化している。(MotorFan)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン