現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > USAトップチームのプロパッケージが誇るノウハウを、下田丈の本番車から探る

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.28
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月の初頭にアメリカでモトクロスプロデビューを果たした下田丈。かねてよりトップサテライトチームのガイコホンダ直系、育成チームアムゾイルホンダに所属していた下田だったが、このプロデビューに際して、いよいよガイコホンダへステップアップすることにもなった。アマチュアの集大成たるロレッタリンMXから、たった1週間で仕立ててきたガイコホンダの本気を見てみよう。(webオートバイ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2019/08/28 09:38

    違反報告

    成田亮車はシーズン途中から今季もファクトリータンクを使用している。ある意味、セッティングパーツの一つだと言えるだろう。

    と言うか藤沢の決勝第一ヒートから使ったんや。
    成田車担当の千葉メカが判断したんやけど、極端に違う部品では無いらしい。
    下田車はアクスルシャフトも違うんや無いかな?
    剛性を上げるなら、ね。
    下田のバイクを見ると、方向的には成田車と似ている様に見える。
    しかしながらMXの場合、寧ろ選手の力量が大きい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン