現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハイオクガソリンはレギュラーよりなぜ高い? 逆に軽油が安い理由

ここから本文です
業界ニュース 2019.8.10

ハイオクガソリンはレギュラーよりなぜ高い? 逆に軽油が安い理由

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ハイオクがレギュラーガソリンよりもリッターあたり約10円高いのはなぜ?

 ガソリンには、ハイオクガソリンとレギュラーガソリンがあります。ではこのふたつは、どのように違うのでしょうか?

    コストコのガソリンはなぜ安い? 同地域でリッターあたり15円安も!? 激安実現の意外な理由とは

 ハイオクの語源は「ハイオクタン価」、つまり「オクタン価」が高いという意味です。ガソリンは、オクタン価が高くなればなるほど燃焼しにくくなるという性質があります。

 クルマのエンジンの高性能化には、圧縮比を高めることが早道ですが、圧縮比を高めるとシリンダー内では混合気が異常燃焼しやすくなり、振動をともなう「ノッキング」の発生などで、場合によってはエンジンがダメージを受けてしまいます。

 そのため、高性能なクルマは、燃料を「ハイオクガソリン指定」として異常燃焼を防ぎ、エンジンを傷めずに性能を発揮できるよう設計されているのです。

 レギュラーとはオクタン価が異なるハイオクの店頭価格は、レギュラーよりも1リッターあたり約10円高くなっています。その理由を、サービスステーション「ENEOS」を展開するJXTGホールディングスは次のように話します。

「ハイオクガソリンは、オクタン価を高める処理をおこなっております。また弊社のハイオクガソリン『ENEOSハイオク』は、カーボンなどの汚れをエンジン内部に付着しづらくする合成清浄剤も添加しています。そうしたコストが、ハイオクとレギュラーの価格差に反映されています」

 なお日本では、JIS規格によりオクタン価96.0以上がハイオク(1号)、89.0以上がレギュラー(2号)と定められていますが、ハイオク/レギュラーの基準は国や地域ごとに異なります。欧州はハイオクは95ですが、レギュラーは91で、日本のレギュラーよりも2ポイントも高くなっています。

 また日本や欧州ではRON(リサーチ・オクタン・ナンバー)方式でオクタン価を表示しますが、アメリカではRON方式とMON(モーター・オクタン・ナンバー)方式の平均をとったAKI(アンチ・ノック・インデックス)で表示することが一般的です。

■軽油がガソリンよりも高価な国や地域もある

 ではガソリンスタンドで販売されるもうひとつの主力商品、軽油についてはどうでしょうか。軽油はハイオクガソリンとは逆に、レギュラーガソリンよりも1リットルあたり約20円ほど安く販売されています。

 この価格差の要因について、サービスステーション「出光」「シェル」を展開する出光興産は次のように話します。

「ガソリンや軽油の販売価格を具体的にいくらにするか決めるのは、それぞれの販売店です。ただガソリンと軽油では、税金の内容が異なり、それが価格差にかかわる大きな要因となっています」

 まずガソリンにかかる税金は、1リッターあたり揮発油税が48.6円、地方道路税が5.2円、石油・石炭税2.54円がかかり、その合計は56.34円です。

 一方軽油には1リッターあたり軽油引取税32.1円、石油・石炭税2.54円がかかり、その合計は34.64円です。ガソリンと軽油では消費税のかかり方に若干の違いはありますが、おおむねこうした税金の差が価格差となって現れているのです。

 またJXTGホールディングスは、軽油が安くなるもうひとつの要因を挙げます。

「ガソリンも軽油も、原油を精製して作られます。このとき多少の調整は可能ですが、ガソリンだけ、軽油だけといった作り方はできません。つまりガソリンに比べ需要の少ない軽油も一定量生産しなくてはならないことが、価格にも影響するのです」

 なお、日本では「ガソリンよりも軽油のほうが安い」というのがいわば常識となっていますが、海外では事情が大きく異なります。

 ドイツは日本同様に軽油の方が安価ですが、その価格差は日本ほど大きくありません。フランスではガソリンと軽油はほぼ同額で、イギリスでは逆に軽油が若干高くなります。

 そしてガソリン価格が非常に安いことで知られている自動車大国アメリカは、軽油がガソリンよりも2割ほど割高となっています。そのためディーゼル車に乗る経済的なメリットが小さく、普及は進んでいません。

※ ※ ※

 日本で販売されている軽油は5種類あることをご存じでしょうか。軽油はガソリンよりも寒さに弱く、低い温度域ではエンジンが始動できないなどのトラブルにつながります。そのためJIS規格で流動点(℃)の異なる5つのタイプを設定し、ガソリンスタンドは地域や季節に応じて販売しています。

 なお、かつてはグレードの高い「プレミアム軽油」を販売しているガソリンスタンドもありました。これは一般の軽油に添加剤などを加え清浄性やエコ性能向上を謳うものでしたが、取り扱いは徐々に少なくなり、現在日本で見かけることはなくなりました。

 ただヨーロッパでは、一般の軽油のほか、プレミアム、そして植物由来の原料を用いたバイオディーゼルなど、複数の軽油が販売されている地域もあります。こうしたことからも、ヨーロッパでのクリーンディーゼル車の普及がうかがえます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 植村祐介)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します