現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 帽体が進化、ベンチレーションも改良! 高機能ジェットヘルメット「J-CruiseII」登場【SHOEI】

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.15

帽体が進化、ベンチレーションも改良! 高機能ジェットヘルメット「J-CruiseII」登場【SHOEI】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SHOEI(ショウエイ)は、オープンフェイスヘルメット「J-Cruise」(ジェイ-クルーズ)をフルモデルチェンジし「J-CruiseII」として6月より発売する。価格は4万9000円(税抜)。

SHOEI J-CruiseII……4万9000円

    SHOEI GT-AirIIに派手なストライプの新色追加

 J-Cruiseは、開放感や手軽さが魅力のオープンフェイスヘルメットにインナーサンバイザーを装備し、利便性を高めたモデル。今回はそんなJ-Cruiseを進化させ、さらに利便性や快適性を高めたJ-CruiseIIとして新たなスタートを切る。

風洞実験で生まれたシンプルなフォルム

 今回新たに登場したJ-CruiseIIは、まず帽体を改良。風洞実験などを重ねて空力特性を追求し、シェル全体がスポイラーとして機能するようデザインを決定。しかしながら、先代譲りのシンプルなフォルムは見事に継承されている。デザインと空力特性を両立したショウエイらしいスタイルだ。

快適性を保つ強力なベンチレーション

 帽体上部のダクトに見られるよう、ベンチレーション機能も改良されている。アッパーエアインテークは、インテークホールを1箇所増やし、風の流入量を増加。アウトレットの形状も見直すことで排気量も拡大し、より多くの空気が帽体内部を流れ快適性を保つ。

 例えば真夏の運転で、ヘルメット内部に熱がこもれば集中力も削がれてしまう。J-CruiseIIの高いベンチレーション機能は、そんな危険性も防いでくれそうだ。

全天候で快適な視界

 真夏といえば強い日差しも対策したいが、J-CruiseIIがあれば特別な装備は不要。先代の特徴であるインナーサンバイザーが継承され、さらに従来よりも面積を拡大。防眩性が向上し、より安全な運転が可能だ。

 そしてシールドシステムにも注目。装備されるCJ-2シールドは、歪みの少ないクリアな視界を確保。シールド下部のリブのおかげで高い剛性がありながらも、巻き込み風を抑えて快適性を確保。窓ゴムも従来の二重リップ構造からエアタイトシーリングに変更したことで、耐久性・密着性が大幅に向上している。ちなみにCJ-2シールドは、曇りを防止するPINLOCK EVO lensを採用。曇りやすい多湿な天候でも心配は無用だ。

専用インカムをビルトイン

 J-CruiseIIにはツーリング愛好家には嬉しい拡張機能が備わる。帽体の左下部を見ると、三角形の不思議な部分があるのだが、実はここにSENA製専用設計のインカム「SAL」「SAL2」を装着可能。通常インカムを装着すると、その分出っ張ってしまいヘルメットの取り回しに影響するのだが、J-CruiseIIならその心配は無用。より快適に、仲間との無線通信を楽しめるだろう。

 ショウエイらしい機能・利便性に加えて機能拡張といった先進性も持つJ-CruiseIIは、まさに機能美を体現するヘルメットと言えるだろう。

■サイズ&カラーラインナップ

・サイズ…XS(53cm)、S(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)
・カラー…ルミナスホワイト、ブラック、マットブラック、アンスラサイトメタリック、ライトシルバー、ワインレッド

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 阿部哲也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します