現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【F1チーム紹介(7)】名門復活に向けてチームを再編中のマクラーレン【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.7

【F1チーム紹介(7)】名門復活に向けてチームを再編中のマクラーレン【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクラーレンの戦い方に注目が集まっている。ジュニアチームではない、独立チームとしての強みはどのように生かされるのだろうか。

ルノーのパワーユニットが鍵を握るマクラーレンF1チームの復活
マクラーレンは1966年よりF1に参戦する名門チーム。2015年にホンダのパワーユニットを搭載して「マクラーレン・ホンダ」の復活と話題となったが、わずか3年でその蜜月時代は終焉。2018年よりルノーのパワーユニットを搭載し「マクラーレンF1チーム」に改称、コンストラクターズ6位までポジションを挽回した。

    路上駐車は必ず違反になってしまうのか。実はある“安全地帯”【くるま問答】

それでもまだまだ名門復活には遠く、ルノーのパワーユニットでさらなる躍進を目指してドライバーラインナップを一新。アロンソのかわりにカルロス・サインツ、バンドーンの後任として育成ドライバーのランド・ノリスを起用した。

ルノーのワークスチームではないが、制約のあるジュニアチームでもない独立系コンストラクターとして、どんな戦いを見せるか。

McLaren F1 Team
本拠地:ワーキング、イギリス
チーム代表:ザク・ブラウン
テクニカルディレクター:ジル・ドフェラン
2019年車両:マクラーレンMCL34
パワーユニット:ルノー

マクラーレンF1チーム ドライバーラインナップ
カルロス・サインツ
2015年にトロロッソからF1デビュー。この年、チームメイトのマックス・フェルスタッペンに決勝結果では敗れたが、予選では10勝9敗と勝ち越した。2017年シーズン途中にルノーに電撃移籍、トップ10の常連として活躍した。今シーズンはフェルナンド・アロンソにかわって、同じルノーのパワーユニットを搭載するマクラーレンに移籍、エースとして名門復活を担う。父はWRC世界ラリー選手権で2度のワールドチャンピオンを獲得したカルロス・サインツ。そのため「カルロス・サインツJr.」と表記されることもあるが、F1登録名は「カルロス・サインツ」。

ランド・ノリス
「マクラーレンの秘蔵っ子」と呼ばれるイギリス・ブリストル出身のレーシングドライバー。2017年にF3チャンピオンを獲得、2018年シーズンのマクラーレンのテスト兼リザーブドライバーに就任し、ストフェル・バンドーンの後任として2019年のF1シートを獲得した。「ルイス・ハミルトンの再来」と言われるほど、マクラーレンの期待は大きい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します