現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ「TRICITY155 ABS」 初のマイナーチェンジを行い3月20日発売

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.4

ヤマハ「TRICITY155 ABS」 初のマイナーチェンジを行い3月20日発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■乗降性に優れたシート採用で購買層の拡大を図る

 ヤマハは、高速道路も走行可能で燃費・環境性能にも優れた155cc BLUE COREエンジンを搭載するフロント二輪のLMWモデル「TRICITY(トリシティ) 155 ABS」をマイナーチェンジし、2019年3月20日より発売します。

    ヤマハ「FZR400R」レース出場も可能な限定モデルとして誕生した!

「TRICITY 155 ABS」は“もっと行動範囲を広げ、さらに所有感を満たすNew Standard City Commuter”をコンセプトに開発されています。

 LMWテクノロジー による安定感のあるコーナリングと上質なクルージング性能を兼ね備え、通勤からツーリングまで幅広いシチュエーションで新しいライディングの楽しさを味わえる人気のモデルです。

 2019年モデルは、従来モデル比でシート高が15mm低く設定されたメインシートに、座面の広さを増すことでフィット感や安定感も確保したタンデムシートを採用、座り心地と足付きを向上させ乗降しやすく設計されています。LMWシリーズに共通する快適性に磨きをかけました。

 また、新色として、大人の上質さを体現する「マットグレーメタリック3」を採用しています。

「TRICITY(トリシティ) 155 ABS」の価格(税込)は、47万5200円、シリーズ合計国内年間販売台数は、1500台です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jam*****|2019/03/04 23:28

    違反報告

    免許の種類、車検の要不要、原付、高速走行可などの条件から、125、250、400、750、1000以上と区分のいい排気量で発売して欲しい。ただし750は先の区分に当てはまらないがナナハンは個人的に好きです。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します