現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 考えたことありますか?あの車の名前の由来とは!?

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.11

考えたことありますか?あの車の名前の由来とは!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

考えたことありますか?あの車の名前の由来とは!?

日頃からCMで、インターネットの広告で目にする様々な車の名前。あなたはその意味について考えたことがあるでしょうか?知るとますますその車が好きになるかもしれない、そんな日本車の名前の由来をいくつかご紹介します。

    洗車場と言ってもその形態はさまざま 上手に選べば意外とお得です


神話由来の車

調べてみると、なかなか多かったのがギリシャ神話の神様に由来する名前。例えばこんなものがあります。

・アイシス(トヨタ)英語で「古代エジプトの豊穣の神」のこと。「乗る人すべての心を豊かにするクルマ」という意味を込めて命名されました。アイシスはエジプト神話における有名な神々のうちの一人で、オシリスの妻としても知られています。

・ガイア(トヨタ)ギリシャ神話に登場する「大地の女神」という意味。

・アトラス(日産)アトラスはギリシャ神話の「地球を双肩に担ぐ大力無双の巨人」の名前に由来しているそうです。日産はこのトラックに力強さを期待して、このような名前を付けたのでしょうか。

・オルティア(ホンダ)ギリシャ神話に登場する狩猟・貞潔の女神から命名されたそうです。

・タイタン(マツダ)英語で「巨人」のことを意味しますが、ギリシャ神話に登場する巨神族になぞられて命名されたそうです。力強さが表現されていますね。


星座由来の車

次は、星座、星の名前から名付けられた車をご紹介します。

・カリーナ(トヨタ)英語で「竜骨座(りゅうこつざ)」という意味で名付けられました。南天の比較的高緯度に位置するために、日本では西日本でわずかに見られる程度だそうです。ですから日本ではなかなか聞き慣れない星座ですね。

・テラノ レグラス(日産)しし座の最も明るい一等星であるレグラスに由来するそうです。

・アルシオーネ(スバル)すばる(プレアデス星団)の恒星で、おうし座の3等星の名前「アルキオネ」を英語読みしたものに由来するそうです。スバルのマークで言えば、六連星のうちの一番大きい星がアルキオネを表します。

・カペラ(マツダ)英語で、馭者(ぎょしゃ)座の星の名前に由来するそうです。冬のダイアモンドを形成する1等星で、アラビア人はこの星が、他の星より早く北の空で高く光り輝くので、「星の長」と呼んでいたそうです。


動物の名前由来の車

最後に、動物の名前から名付けられた車をご紹介します。

・サンバー(スバル)英語で、シカの一種を意味するサンバーは、近くは台湾、遠くはインドと比較的温かい気候に住む動物だとか。日本語で水鹿とも言われるこの動物は、名前通りに湿地帯の森林にいることが多いそうです。

・ハリアー(トヨタ)タカ科の鳥であるチュウヒの英名「HARRIER」から命名されたこの車、エンブレムにも鳥の形が採用されているので、見たことがある方も多いはず。肉食性で低空飛行が得意というチュウヒ、車のもつイメージとピッタリと感じるのはみなさんも同じでしょうか。

・アルトラパン(スズキ)ラパンとはフランス語でウサギを意味します。エンブレムにも採用されているので、こちらも見たことがある方も多いのではないでしょうか。全体のラインがゆるくてかわいいこの車は、女性の方にも大人気ですね。

以上、様々な車の車名の由来でした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(みんカラ みんカラ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します