現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マウザー:Arduino Uno WiFi Rev 2の販売を開始

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.13

マウザー:Arduino Uno WiFi Rev 2の販売を開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウザー・エレクトロニクスは、アルドゥイーノ(Arduino)社の新製品Uno WiFi Rev 2の取り扱いを開始した。最初のAVR®をベースとした、Arduino 社製IoT(モノのインターネット)対応ボードは、8ビット・マイクロコントローラ、Wi-Fiモジュール、各種 センサ、およびハードウェアベースのセキュリティを標準的なUno Rev 3フォームファクタに搭載している。本製品は、成長を続けるIoT市場のワイヤレス接続や低消費電力への要求に応える。

 マウザーより購入可能な、Arduino Uno WiFi Rev 2は、Microchip Technologyの新しい ATmega4809 megaAVR マイクロコントローラ(MCU)を採用している。ATmega4809は、コアから独立した周辺モジュール(CIP)と、基準電圧を備えた高速A/Dコンバータ(ADC)を内蔵し、アナログ信号の変換速度を向上。またこのMCUは、48KBのフラッシュ、6KBのRAM、および3つのUARTを備え、複数の RFモジュールとの通信を可能にする。

    カワサキ製2000psの旋回式スラスタ「川崎レックスペラ」を知っているか?

 Uno WiFi Rev 2は、TCP/IP プロトコルスタックを内蔵したu-blox社のNINA-W13モジュールを搭載し、802.11b/g/n Wi-Fi 接続を提供するので、Wi-Fi ネットワークへのアクセスや、アクセスポイントとしての使用を可能にする。また本ボードは、ArduinoスケッチやWi-Fiファームウェアの転送用のOTA(Over-The-Air)プログラミングのサポートを備えている。ワイヤレスセキュリティは、ハードウェアベースの鍵保管とハードウェア暗号化アクセラレータを組合せて認証プロトコルと暗号プロトコルを提供する、Microchip ECC608 CryptoAuthentication ICにより実現している。その他にも、オンボードデバッグ機能、3軸加速度センサと3軸ジャイロを備えた慣性計測ユニット(IMU)、14本のデジタル入出力ピン(PWM出力は6本)、および6本のアナログ入力ピンなどを備えている。

 Uno WiFi Rev 2は、Wi-Fi接続機器の開発の簡素化に向けて設計されており、スマート農業、スマートホーム、モータ制御 、オートメーション、ウェアラブル、オープンソースプロジェクトなど、さまざまなIoTアプリケーションの試作に最適だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します