現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 横浜ゴム:トータルパフォーマンスに優れたグランドツーリングタイヤ「BluEarth-GT AE51」新発売

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.27

横浜ゴム:トータルパフォーマンスに優れたグランドツーリングタイヤ「BluEarth-GT AE51」新発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜ゴムは低燃費タイヤブランド「BluEarth(ブルーアース)」のグランドツーリングタイヤ「BluEarth-GT AE51(ブルーアース・ジーティー・エーイーゴーイチ)」を2019年2月1日に発売する。発売サイズは245/35R19 93W~155/65R14 75Hの全57サイズで、価格はオープンプライス。

「BluEarth-GT AE51」はミドルクラスセダンをメインターゲットに「走行性能、快適性能、環境性能の全てに優れるグランドツーリングタイヤ」をコンセプトとして開発。長距離移動することを語源とする「グランドツーリング」に相応しい力強くしっかりとした走行性能を追求し、商品名に「グランドツーリング」を意味する「GT」を取り入れた。さらに、従来品(BluEarth-A)で定評のあった優れたウェットグリップ性能を確保しながら、低燃費性能を一段と向上。国内ラベリング制度においては全サイズで最高グレードのウェットグリップ性能「a」を獲得。ころがり抵抗性能では31サイズで「AA」、26サイズで「A」を獲得している。

    キヤノン独自の3Dプリンター用セラミックス材料と部品作製技術を開発

「BluEarth-GT AE51」は専用開発の非対称パターンにより快適な乗り心地と優れた操縦安定性を両立するとともに、トレッドパターンに施した「ライトニンググルーブ」や「ブレードカットサイプ」が優れたウェット性能に貢献する。さらに、専用のチューニングを施した高剛性構造や接地圧を均一化したトレッドプロファイルが力強く、快適な走りを実現。また、発熱によるエネルギーロスを抑える2層構造の「低燃費レイヤードゴム」や歪みを低減するサイドプロファイル、放熱効果を生む「ディンプルショルダーデザイン」により低燃費性能を向上している。


「BluEarth」シリーズは「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした横浜ゴムのグローバルタイヤブランド。「BluEarth-GT AE51」に加え、低燃費タイヤ最高グレードを提供するフラッグシップタイヤ「BluEarth-1 EF20」、ミニバン、クロスオーバー用低燃費タイヤ「BluEarth RV-02」、ハイト系コンパクトカーおよび軽自動車向けタイヤ「BluEarth RV-02CK」、低燃費スタンダードタイヤ「BluEarth AE-01F」などを展開している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します