現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 愛車についてしまった、小さな線傷を修理

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.4

愛車についてしまった、小さな線傷を修理

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛車についてしまった、小さな線傷を修理

ある日、車に乗ろうとドアノブに手をかけた時、ふとドアをよく見ると見慣れない線が。「これはいつ、ついてしまった傷なのだろう?」そんな経験ないでしょうか?板金修理に出す程のものじゃない、でもよく見ると気になるなぁ。という線の傷。今回はそんな傷を自分で修理してみましょうというテーマです。

    愛車のためにおぼえておきたい、失敗しない手洗い洗車のコツ


いつの間に傷が?

大事にしている愛車にいつの間にか傷があるって悲しいですね。私も2ヶ月しか経っていない新車で、ある日洗車したら10cmぐらいの縦に長い傷を発見した時はかなりのショックを受けました。傷がつく原因というのはたくさんあります。

・公共の駐車場で隣の車のドアが当たった

・道路の方に倒れかかってきている木の枝

・衣服のジッパー

・洗車時にホースについている小石・砂利等で

・猫、鳥等の動物系の爪

・イタズラ

等。ケアをしようとしてもキリがないかもしれません。飛び石の可能性等もありますし、絶対に防ぐ事は難しいと思いますので、予防という面ではコーティングを行うと良いでしょう。


磨くことが大事

何はともあれ、傷を消していくためにまずは洗車をしましょう。汚れを落とすと傷跡がはっきり見えてきます。

削れた傷の修復は難しいので、研磨剤で研磨するのがオーソドックスです。タッチペン等を使用せずとも小さい傷であれば、傷付近を研磨して目立たなくすることが出来ます。

そこで登場するのがコンパウンドとなります。コンパウンドはたくさんのメーカーからラインナップされていますが、ピカールを使う方や、歯磨き粉を使う方もいたりします。

粗めのものからだんだん細めのものに切り替えて傷の上をゴシゴシとウェスで磨いていきましょう。磨き方は、力を入れすぎると塗装を削りすぎるリスクがありますので、力を入れすぎず何度も磨くと良いでしょう。

だんだんと傷が目立たなくなっていく過程を見ていけるのでやり甲斐がありますよ(^^)


磨きにおける注意点

■コンパウンドは欲張ってつけすぎないこと

ムラになります

■力を入れすぎてひたすらに磨かないこと

研磨剤なので徐々に削れて最悪下地が出てしまいます

■タオルはなるべく避ける

マイクロファイバータオルや、ティッシュ、Tシャツのような柔らかい素材を使いましょう

■アフターケアを忘れない

磨いた後はしっかり脱脂して洗いましょう。食器洗い洗剤を使う方もいますね。洗った後はコーティング剤を塗る等をしましょう

大切な愛車、いつまでも傷なくキレイな状態で保っていきたいですね!以上、ちょっとした線傷を治す(見えにくくする)方法でした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(みんカラ みんカラ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します