現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 乗れば10歳若返れる! リタイヤ組にオススメの中古スポーツカーたち

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.24

乗れば10歳若返れる! リタイヤ組にオススメの中古スポーツカーたち

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベストチョイスはオープンカーでボディカラーも明るい色を!

 人生100年時代。80歳を過ぎれば、さすがに視力等の衰えから免許返納という話も出てくるが、60代・70代ならまだまだカーライフは楽しめる。そしてクルマ好きなら、いかにもオジサングルマより、傍から若く見えて、乗ってる自分も気持ちが若返るようなクルマに乗りたいもの。無理に若作りするのではなく、小粋なクルマでドライブを楽しむには、どんなクルマが最適か考えてみよう。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 若いということは、躍動感、刺激、簡単にいえばワクワクする要素が必要。そしてもうひとつ、『見られている意識』も若さの秘訣。反対に、威圧感のあるクルマ、いかにも金持ちそうなクルマというのは、若返りには不向きといえる。そうした条件で考えると、ベストチョイスといえるのは、オープンカーだ! 筆頭はやはりマツダ・ロードスター。三代目のNCあたりが落ち着いたスタイルなのでいい感じ。

 もう一台は、ダイハツ・コペン(初代)だ。年配の夫婦が乗って、小旅行に行くのがブリティッシュなイメージで格好良い。フェアレディZロードスターや、S15シルビアのオープンモデル、シルビア・ヴァリエッタなども電動オープンの4人乗りなどもスタイリッシュに見える。

 初代NSXのオープントップモデル「タイプT」なども刺激的でオススメだが価格が高騰している故に球数が少ないのが玉に瑕。輸入車では、例えばアバルトプントなども面白そうだ。

 それからアウディTTクーペ。これも年齢不詳な感じになれる一台といえる。クーペではなくロードスターだとさらにベター。もう少し落ち着いたクルマでは、スバルのアルシオーネSVX、スカイラインV35のクーペ などもヤンチャ過ぎず、なおかつスポーティーでスタイリッシュ。

 またスポーツカーとはいえないが、あと数年して、現行の新しいスズキ・ジムニーが、中古車市場に出回ってきたら、ターゲットになる気がする。いずれも大事なことは、暗色系のボディカラーを選ばないこと。スポーツカーらしい明快なカラーを選んでこそ、若々しい気持ちになれるもの。無難な色は避けて、黄色や赤、オレンジメタリックや、思い切ってE46M3のフェニックスイエロー、スバルのマスタードマイカなど、ゴールド系もキャラクターが際立っていい。中古車なので、少々塗装が痛んでいたら、純正色以外のカラーに、わざわざオールペンしてもいいぐらいだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 藤田竜太)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します