現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデスがボディ形状を用途に応じて変更できるコンセプトカーを発表

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.9

メルセデスがボディ形状を用途に応じて変更できるコンセプトカーを発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独メルセデス・ベンツは9月10日、用途に応じて車体の交換が可能な未来のモビリティコンセプト「Vision URBANETIC」を発表した。

1台のクルマが昆虫のようにカタチを変え、乗用車にもトラックにもなると言ったら多くの人は怪訝に感じるだろう。今ある自動車は、人を運ぶ乗用車と荷物を運ぶトラックの間には明確な線引きがあり、用途によってボディ形状が異なっている。だが将来的にはこうした概念に変化が訪れるかもしれない。

    メルセデス新型Aクラスは322万円から。「ハイ、メルセデス」を試してほしい

メルセデスがこのたび発表したVision URBANETICは、自動運転機能を備えたEVシャシーに交換可能なモジュール型ボディを組み合わせたコンセプトモデルで、都市部におけるモビリティの将来像を提示。5.14mの全長のうち3.7mはモジュールのためのスペースになっており、12人乗りのバンボディと豊富な積載力を持つトラックボディを自由に載せ替え可能だ。しかもセンターでの車体の交換はわずか数分で完了するという。

そのスタイリングは見慣れない目には少々不気味に感じてしまうが、そのユニークなフォルムもスペース効率を優先した結果だろう。商用のライドシェアリングを前提に開発された車両で、個人の所有欲を満たすという考えでは作られていないのだ。

画期的なのは車体構造だけではない。Vision URBANETICは、ネットワークへの接続により、フィードバックされた乗客や積載物の流動状況をセンターが解析し、今後の動きや周辺の交通状況を予測。それに基づき各車が自律的に必要となるボディ形態を選択し移動するのだ。

メーカーでは、これによって都市部におけるモビリティの効率性が大幅に向上し、渋滞も解消可能としている。また、EVならでは静音性と環境負荷の低さも魅力だ。実用化までには時間はかかるかもしれないが、次世代モビリティの方向性を模索しようというメルセデスの本気がうかがえる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します